グランツーリスモ7の6月アップデートでワトキンス・グレンが追加。パイクスに挑んだエスクードV6も

グランツーリスモ7の6月アップデートでワトキンス・グレンが追加。パイクスに挑んだエスクードV6も

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2022/06/23
No image

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、2022年3月4日に発売されたプレイステーション5/4用ソフトウェア『グランツーリスモ7』について、新規収録車種やコースレイアウト、スケープスの特集追加を含むアップデートを6月23日(木)15時から配信した。新たにコースとしてワトキンス・グレンが追加されたほか、スズキから2台、また1932年のフォード・ロードスターが追加された。

今回のアップデートでは、新たに収録車種として3車種が追加された。『フォード 1932 フォード ロードスター』、『スズキ V6エスクード Pikes Peak Special ’98』、『スズキ ビジョン グランツーリスモ(Gr.3 Version)』という3台だ。まず『フォード 1932 フォード ロードスター』は、ヘンリー・フォード博物館に展示されている“ハイボーイ”スタイルのホットロッド。レジェンドカーで購入が可能だ。

そして、スズキファンにはたまらないのが『スズキ V6エスクード Pikes Peak Special ’98』、『スズキ ビジョン グランツーリスモ(Gr.3 Version)』という2台。V6エスクードは、1998年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで“モンスター田嶋”こと田嶋伸博がドライブ、総合優勝と10分切りを目指したマシンだ。ハンドルコントローラーをお持ちの場合、モンスター田嶋のようにステアリングは近めに持ってドライブしたいところ。

そして、エスクードV6が過去の名車なら、スズキ ビジョン グランツーリスモは、スズキの未来が感じられるVGT車両。すでにロードゴーイングバージョンはリリースされているが、今回登場したのはスズキの闘志がみなぎるビジョン グランツーリスモのGr.3仕様で、ブルーとイエローのカラーリングとECSTARのロゴが入り、二輪ファンにも気になるマシンになるはずだ。

また今回のアップデートでは、新規コースとしてアメリカの伝統的名コースであるワトキンス・グレン・インターナショナルが追加された。ニューヨーク州のほぼ中央に位置するロードコースで、これまでもさまざまなレースが実際に開催されてきた。グランツーリスモ7内では、ロングコースとショートコースのレイアウトをドライビングできる。

これにともないスケープスの特集にはワトキンス・グレンが追加されたほか、アップデートではメニューブックの形でさまざまな課題が与えられる『カフェ』にも、新たに『エクストラメニュー』が追加された。『エクストラメニュー』はさまざまなテーマによる新しいカーコレクションを提案するもので、プレイヤーがエンディングに到達し、かつコレクターズレベルが一定以上の場合に限り報酬を受け取ることができる。

アップデートの詳細については『グランツーリスモ』シリーズ公式サイト(https://www.gran-turismo.com/jp/)へ。

No image

アメリカの伝統的名コースであるワトキンス・グレン・インターナショナル

No image

アメリカの伝統的名コースであるワトキンス・グレン・インターナショナル

No image

スズキ V6エスクード Pikes Peak Special ’98

No image

スズキ V6エスクード Pikes Peak Special ’98

No image

スズキ V6エスクード Pikes Peak Special ’98

No image

スズキ ビジョン グランツーリスモ(Gr.3 Version)

No image

スズキ ビジョン グランツーリスモ(Gr.3 Version)

No image

スズキ ビジョン グランツーリスモ(Gr.3 Version)

No image

フォード 1932 フォード ロードスター

No image

フォード 1932 フォード ロードスター

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加