内藤秀一郎&駒木根葵汰、仮面ライダーとスーパー戦隊のさらなる躍進を誓う!

内藤秀一郎&駒木根葵汰、仮面ライダーとスーパー戦隊のさらなる躍進を誓う!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/07/22
No image

内藤秀一郎、鈴木福、駒木根葵汰

映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』の初日舞台あいさつが22日に新宿バルト9で行われ、仮面ライダーセイバー/神山飛羽真役の内藤秀一郎とゼンカイザー/五色田介人役の駒木根葵汰が登壇。歴代ヒーローたちを代表して舞台に立った二人は、互いにライダーと戦隊シリーズのさらなる発展を祈った。

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』は仮面ライダー50周年とスーパー戦隊45作目を記念したWアニバーサリー作品。「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」が垣根を超えて共闘する姿が描かれる。この日の舞台あいさつには山口貴也川津明日香青木瞭市川知宏増子敦貴知念里奈鈴木福田崎竜太監督も参加した。

仮面ライダーセイバー/神山飛羽真として1年間の撮影をまっとうした内藤は、アニバーサリー映画に臨む際に「ライダー50年、戦隊シリーズ45作品の先頭に立っていることを忘れないように撮影に挑みました」と気合十分だったことを明かす。続けて「この映画でワンカットに12時間かけたシーンがありました。あの経験は今後の俳優人生の財産になりました」としみじみ。一方、ゼンカイザー/五色田介人を演じる駒木根は「仮面ライダーの方々とのお芝居は、とても貴重な経験。スーパー戦隊を語るうえで『機界戦隊ゼンカイジャー』は外せないという存在になれるよう、これからの撮影も頑張っていきたいです」と意気込みを語った。

この日は、物語のカギを握る謎の少年役でゲスト出演することが発表されていた鈴木福の役柄が、石ノ森章太郎だったことも正式に発表。鈴木は「今回のお話をいただいたとき、ライダーと戦隊の合体映画にまさか自分が出られるなんて……」と大きな喜びがあったという。さらにその役が「仮面ライダー」の生みの親である石ノ森章太郎ということに「撮影前、お墓にごあいさつに行きました。自分自身、精一杯の努力をして演じたので、少しでも石ノ森先生の素晴らしさが伝わればうれしいです」と神妙な面持ちで語った。

内藤と駒木根は1席空けながらも満員となった客席を見渡し感慨深げな表情。駒木根は「こうやってみなさんとお会いできることがどれだけうれしいことか。これからも引き続き仮面ライダーとスーパー戦隊シリーズを愛していただければ」と感無量な面持ちを浮かべる。内藤も「初めてこうしてファンの方と今日会うことができました。こんな温かい気持ちになるんですね」と満面の笑顔を見せながら「これからも仮面ライダー、そして僕らの活躍を見逃さないでいただければ!」とさらなるシリーズの発展を誓った。(磯部正和)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加