広島・鈴木誠が2戦連発!中日の6戦連続完投男・大野雄をKO

広島・鈴木誠が2戦連発!中日の6戦連続完投男・大野雄をKO

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/09/15

(セ・リーグ、広島6-3中日、16回戦、広島8勝7敗1分、15日、マツダ)7試合連続完投を狙う竜のエースの立ち上がりに猛攻を仕掛けた。広島が一回に4得点。口火を切ったのはハッスルプレーが持ち味のピレラだ。

「ランナーを何とか還そうと打席に入った。少し高めのボールだったけど、しっかり上から叩くことができた。良い先制点になったね」

先頭の大盛が自慢の快足で遊撃内野安打をもぎ取ると、菊池涼が中前打でつなぎ、一、三塁の好機を作った。ここでピレラが大野雄の148キロを右翼線へ流し打って二走・大盛が生還。自身は二塁へ頭から滑り込み、一度はアウトと判定されたものの、佐々岡監督のリクエストによってセーフに覆った。

直後の二、三塁。鈴木誠が左中間へ18号3ランを叩き込み、さらに3点を追加した。2試合連発の主砲は「打ったのはストレート。良い流れでチャンスが回ってきたので、しっかりとらえることができて良かったです。良い追加点になりました」と胸を張った。

打線は大野雄から4回5安打4得点でKOし、連続試合完投を6で止めた。前回1日のナゴヤドームでは2安打完封を許したが、本拠地での再戦でリベンジに成功。3連敗中のチームが、難攻不落の左腕を攻略した。(柏村翔)

No image

1回、広島・鈴木誠(右)が3点本塁打放ちホームイン=マツダスタジアム(撮影・榎本雅弘)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加