“しばたあやめまつり” 300品種・60万本のカキツバタやハナショウブが見頃に!【新潟】

“しばたあやめまつり” 300品種・60万本のカキツバタやハナショウブが見頃に!【新潟】

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2022/06/23
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

新潟県新発田市では今、カキツバタやハナショウブが見頃を迎え、美しい花々が訪れた人たちを楽しませいます。

23日の県内は高気圧に緩やかに覆われていますが、気圧の谷や湿った空気の影響を受けて、夜のはじめごろまで雨の降るところがある見込みです。

新発田市の五十公野公園で開かれている『しばたあやめまつり』。

園内には300品種・60万本のカキツバタやハナショウブが植えられていて、今は八分咲きということです。

【訪れた人】

「色が色々とある。優しい色とかあって、すごくよかった」

「一面に見られるのでキレイ。きょうは雨も降っているので、花も生き生きとしているみたい」

しばたあやめまつりは6月26日まで開かれています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加