【左右開脚がラクにできる】筋温を上げてからじっくり伸ばす「動的・静的ストレッチ」

【左右開脚がラクにできる】筋温を上げてからじっくり伸ばす「動的・静的ストレッチ」

  • ヨガジャーナルオンライン
  • 更新日:2022/09/23
No image

Shoko Matsuhashi

いつもストレッチしているのになかなか柔らかくならない……。もしかしたら、ぐいぐい無理に伸ばしていませんか?知っているようで知らないストレッチのメカニズムを知れば、安全で効果的な方法がみつかります。

筋肉を伸び縮みさせた後じっくり伸ばしていく

「静的ストレッチに動的ストレッチを組み合わせると、効率よく柔軟性が高まります」と赤沼先生。
運動すると体が温まるように、動的ストレッチで筋肉を伸び縮みさせると筋肉内の熱生産量が高まり筋肉の温度=筋温がアップし、筋肉の縮もうとする力が弱まります。つまり、筋肉がよく伸びるようになります。
「まず動的ストレッチで筋温を上げてから静的ストレッチでしっかり伸ばしきる。こうすることで、静的ストレッチだけのときよりも筋肉の柔軟性が高まります。また、ストレッチを終えるときはゆっくり戻し、伸びた状態を体になじませませることも大切です」
昔は体が硬かったという赤沼先生考案のメソッドで、股関節から曲がる前屈、開く開脚が叶います!

左右開脚を深める

BEFORE

No image

photo by  Shoko Matsuhashi

AFTER

No image

photo by  Shoko Matsuhashi

胸を床に近づけるための〈お腹STRETCH〉

壁に手をすべらせて胸をつける感覚を養う
お腹が硬いと前屈したときに背中が丸まってしまい、胸からペタッと倒すことができません。壁を利用してお腹を伸ばしましょう。胸の開き、背中の伸びが格段にアップします。

HOW TO
ブロックのふちに座り、壁に足をつけて開脚。つま先と膝は上向き。両手を伸ばして壁につき、背骨を伸ばす。手を上にすべらせながらみぞおちを押し出す。胸を近づけたり離したりを10回繰り返す。

POINT:みぞおちを押し出すように

No image

photo by  Shoko Matsuhashi

No image

photo by  Shoko Matsuhashi

最後に10呼吸キープ
最後は押し出した状態を保ってキープ。できる人はブロックをはずして行っても。

No image

photo by  Shoko Matsuhashi

NG:手を動かしても背中が丸まったままでは効果なし。丸まってしまうときは脚の開きを小さくして。

No image

photo by  Shoko Matsuhashi

内腿やお腹が伸びてくると、左右開脚が楽に!180度開かなくてもペタッとなれば成功!

No image

開く角度は180度でなくてもペタッとつけば十分 photo by  Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは…赤沼直美先生
Studio Beauraエグゼクティブディレクター。ヨガインストラクター。スタジオ、フィットネスクラブでの指導のほか、指導者養成トレーニングも主宰。ヨガプログラムの開発・監修など幅広く活動。

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

photos by Shoko Matsuhashi
hair&make-up by Kyoko Suzuki
text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.80掲載

ヨガジャーナル日本版編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加