小池都知事「誠に遺憾。捜査には全面協力する」東京五輪巡る企業の談合疑惑にコメント

小池都知事「誠に遺憾。捜査には全面協力する」東京五輪巡る企業の談合疑惑にコメント

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/11/25
No image

25日、小池都知事が会見を開き、特捜部と公正取引委員会による広告大手「電通」などへの家宅捜索に言及した。

【映像】家宅捜索が始まった「電通」(本社前の様子)

同日、東京オリンピック・パラリンピックを巡り、大会組織委員会が発注した競技のテスト大会に関する入札で談合の疑いがあるとして、東京地検特捜部などが広告大手「電通」本社などの家宅捜索を始めた。テスト大会に関する26件の競争入札では「電通」など9社と1つの共同企業体が落札していて、契約の総額は約5億円に上る。

この件について、小池都知事は「よく使われる言葉かもしれないが誠に遺憾だ」とした上で「都として組織委員会の事実関係を確認している。捜査には全面協力する。組織委員会の契約手続きの適正性について必要な調査を行う」とコメント。「潮田副知事にも指示をした」と述べた。

記者から「いつまでどのような結論を出すのか、調査は事業者についてもヒアリングを行うのか」と質問が飛ぶと、小池都知事は「まずは都から派遣していた職員から聞き取りを行う」と回答。「潮田副知事の元で調査を進め、今年中には中間とりまとめを行うことになると思う」とした。(ABEMA NEWS)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加