SkyDrive、「空飛ぶクルマ」実現に向け大阪府・大阪市と連携協定を締結 地域経済の活性化や防災機能の強化目指す

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2021/09/15

「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは、大阪での空飛ぶクルマの実現に向け、大阪府と大阪市と連携協定を締結したことを発表した。

今後、相互の連携を図ることで科学技術の発展、防災機能の強化、イノベーションの創出、地域活性化及び2025年大阪・関西万博に向けた機運醸成を推進するとのことだ。

No image

連携協定締結式の様子

大阪府は、2020年11月に大阪を舞台とした空飛ぶクルマの社会実装に向けた動きを加速させるべく、具体的かつ実践的な協議・活動の核となるラウンドテーブルを設立。

SkyDriveは空飛ぶクルマの機体メーカーとして、2025年の万博開催時に大阪ベイエリアでのエアタクシーサービスの実現を目指し、運航事業者やポート事業者が早期に具体的な事業検討できる素地を作りや地域住民の理解を促進。

また、社会受容性を高める必要があるという考えから同ラウンドテーブルの構成員として様々なステークホルダーと連携しているという。

なお、同活動の取り組みの一つとして、空飛ぶクルマの認知度ならびに社会受容度を確認し、将来的な事業の可能性を検証するため、大林組、関西電力、近鉄グループホールディングス、東京海上日動火災保険と共同で、「大阪ベイエリアにおける、空飛ぶクルマによるエアタクシー事業性調査」を実施するとのことだ。

同協定は、今後空飛ぶクルマの実現に向けて更なる認知度や社会受容度を上げるため、大阪府、大阪市とSkyDriveが連携し、継続的な取り組みや新たな取り組みを実施する必要があるという考えから締結に至ったとしている。

SkyDriveは、空飛ぶクルマの開発及び実用化を通じた新産業や新規ビジネスの創出、防災機能の強化などにより、大阪経済の発展や安心で便利な暮らしの実現に貢献していくとのことだ。

The postSkyDrive、「空飛ぶクルマ」実現に向け大阪府・大阪市と連携協定を締結 地域経済の活性化や防災機能の強化目指すfirst appeared onAMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア.

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加