なぜ若者の間で「渡韓ごっこ」が流行るのか?大人は知らないZ世代の「遊び方」

なぜ若者の間で「渡韓ごっこ」が流行るのか?大人は知らないZ世代の「遊び方」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2021/06/10
No image

最近、1996年〜2012年の間に生まれた「Z世代」と呼ばれる若者達の間で「渡韓ごっこ」という遊びが流行っているのをご存知でしょうか?

「渡韓」とはその名の通り、韓国へ渡ること。つまり韓国へ旅行しにいくことを指します。そして、「渡韓ごっこ」とは、お泊まり会のコンセプトを「韓国(旅行)」に設定したもののことです。

なぜ今、Z世代はこぞって「渡韓ごっこ」という遊びをしたがるのでしょうか?

おそろのパジャマで、韓国グルメやK-POPを楽しむ

元々Z世代の間で先述した遊びに似たようなものは行われていましたが、「渡韓ごっこ」という名前がついたことで、より広まっていきました。

渡韓ごっこは、家やホテルなどのお泊まり会で、韓国旅行で過ごす夜を再現します。
GUなどの手軽に買えて可愛いお揃いのパジャマを着て、韓国チキンをデリバリーし、白葡萄ジュースが定番のボンボンや梨ジュースなどの韓国のジュースを飲み、ハニーバターチップスなどの韓国の定番のお菓子も揃え……、このように実際に韓国で販売されているものを持ち寄って楽しみます。

他にも、プロジェクターなど大画面でK-POPアイドルのPVや韓国ドラマを見て、より韓国にいる感覚を演出することもあります。

No image

@niina__nさんのインスタグラムより

「若者に人気の韓国グルメといえばチーズタッカルビじゃないの?」と思うかもしれませんが、今やその人気は落ち着き、韓国チキンが新たな定番となりました。

また、渡韓ごっこはあくまで韓国旅行に行った日のホテルで過ごす夜を再現するもの。チーズタッカルビは食べるとなるとホットプレートなどの加熱調理のできる家電を使うことが多いので家向きであり、渡韓ごっこにはあまり向きません。

気軽にテイクアウトやデリバリーができるチキン、特に店舗数の多いクリスピーチキンアンドトマトという店のヤンニョム味の甘辛いチキンが人気です。

No image

@uuuu030410さんのインスタグラムより

最近ではデリバリーサービスが充実し、都心部だけでなく郊外など、サービス開始時期に比べ配達可能地域が非常に広がりました。

また、韓国料理を取り扱う店も新大久保だけでなく全国に展開、先ほど紹介した韓国のジュースやお菓子もわざわざ新大久保まで行かずともバラエティショップなどで購入できるため、手軽に入手しやすくなりました。誰でも簡単に渡韓ごっこを楽しめるのです。

野外でするなら「アメリカンピクニック」

そもそもなぜ渡韓ごっこは流行したのでしょうか。

新型コロナウイルスの世界的大流行に伴い、海外に旅行へ行くことができなくなるどころか、日本国内の旅行も、ましてや普段の遊び場までも気軽に行けない事態になりました。

そんな状況下でも旅行気分を味わいたい、韓国に行った気分になりたい、という思いから、渡韓ごっこが誕生したと言えそうです。

元々Z世代の間でお泊まり会やパジャマパーティーは定番の遊びでした。それを韓国縛りのお泊まり会にすることで「渡韓ごっこ」が生まれましたが、このような海外の雰囲気を再現した遊びの一例として「アメリカンピクニック」もあります。

その名の通りアメリカをコンセプトにしたピクニックで、マクドナルドやレイズなどの大きなお菓子、ピザなどのジャンクフード、カラフルでポップな雑貨を持ち寄って行います。

No image

@yu__na.02さんのインスタグラムより

レイズのポテトチップスはそのパッケージ自体が映える配色のため、その袋を持って写真を撮る「レイズ映え」もZ世代では流行しています。

No image

@rima_rima_2222さんのインスタグラムより

No image

@_2003.11.04さんのインスタグラムより

Z世代が得意な「世界観」を再現した遊び方

もとよりZ世代は地雷・量産型メイクや中国メイクなど、人や地域の「世界観」を再現することに長けています。

参考記事:地雷メイクに中国メイク!?… 若者に大流行「SNS映えメイク」の実態

普段はナチュラルな清楚系メイクをしている人でも、量産型メイク(肌はとにかく白く、目の周りを淡いピンクのアイシャドウで囲んで、アイラインをこれでもかというほど引いて垂れ目にし、涙袋を非常に強調したもので、服装も可愛らしいものを着るというところまでセットのZ世代の遊び)をしたら、きちんと服装もその雰囲気に寄せるなど、世界観を再現するときは徹底しています。

新型コロナウイルス感染拡大に伴いZ世代の遊びの幅が制限されてしまったことと、この世代が世界観の表現に長けていることが生きた遊びが、渡韓ごっこなのでしょう。

「旅行に行けないけど海外に行きたい気持ちは収まらない。だったら日本にいながら海外に行った気分になれることをしよう!」

そのようなポジティブンな思いから、「渡韓ごっこ」や「アメリカンピクニック」など海外をコンセプトにした遊びが流行ったわけです。

少人数で密にならないことが求められる今の時代、両者はぴったりな遊び方と言えるでしょう。

新型コロナウイルス感染拡大による影響で、できることが制限されている中でもなお新しい流行を生み出していくZ世代。これからも目が離せません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加