オリックス 決勝弾のジョーンズ「サイコー!」お立ち台で絶叫

オリックス 決勝弾のジョーンズ「サイコー!」お立ち台で絶叫

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/26
No image

ヒーローインタビューの後、ファンに帽子を振るジョーンズ(撮影・西岡正)

「日本シリーズ・第5戦、ヤクルト5-6オリックス」(25日、東京ドーム)

オリックスが大熱戦を制し、2勝3敗とした。

助っ人のひと振りで決めた。同点の九回、アダム・ジョーンズ外野手(36)が起死回生の一発。同点に追いつかれた直後の九回に代打で登場すると、ヤクルトの守護神マクガフの高めに浮いた直球を捉え、左翼席へ勝ち越しソロを放った。

お立ち台のジョーンズは「今日の試合は後がないギリギリのところ。打つことができて本当に良かった」と笑顔。「代打ということで準備はして、外国人投手ということで真っすぐが来たらそれを捉えようと思っていた。いい当たりだったので手の感触はなかった」と振り返った。

舞台は神戸へ。ジョーンズは「最後の最後まであきらめない。相手チームがハイタッチをしている状況になるまで最後まであきらめずに戦っていきます。サイコー!」と絶叫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加