新人王の巨人・大勢「取りたい気持ちがすごくあった」 球団では11年ぶり20人目の栄誉

新人王の巨人・大勢「取りたい気持ちがすごくあった」 球団では11年ぶり20人目の栄誉

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/11/25
No image

最優秀新人賞に輝いた巨人・大勢=都内ホテル(代表撮影)

プロ野球の年間表彰式「NPBアワーズ」が25日、東京都内のホテルで開かれ、セ・リーグの最優秀新人(新人王)に巨人・大勢投手(23)が選ばれた。球団では2011年の沢村拓一以来11年ぶり20人目、投手で13人目の栄誉。有効投票総数299票のうち209票を集めた右腕は「取りたい気持ちがすごくありました。本当にうれしく思います」と笑みを浮かべた。

1年目にして守護神を託され、開幕戦で球団の新人初となるセーブを挙げた。最終戦で新人最多に並ぶ37セーブを記録。登板57試合で1勝3敗、防御率2・05と好成績を残した。74票で次点の阪神・湯浅を引き離したが、「湯浅君が最後の最後まですごいピッチングをしていたので、正直厳しいかなと思った」と素直に語った。

日本代表「侍ジャパン」にも初選出され、今月の強化試合では抑えとして好投。来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参戦する意思を表明したエンゼルス・大谷との共闘を熱望し、「一生に一度のチャンス。一緒に野球をしたい」と言葉に力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加