【大雪】JRの列車15本立ち往生、「融雪器」作動させず JR西日本が謝罪会見

【大雪】JRの列車15本立ち往生、「融雪器」作動させず JR西日本が謝罪会見

  • 京都新聞
  • 更新日:2023/01/25
No image

JR西日本

24日夕~25日未明の大雪の影響で、JR京都線や琵琶湖線の山科(京都市山科区)ー高槻(大阪府高槻市)間で計15本の列車の立ち往生が同時多発したことを受け、JR西日本は25日、大阪市の本社で記者会見を開いた。列車運行を担う近畿統括本部は、一定の降雪量が見込まれる場合、線路を切り替える分岐器(ポイント)の雪を溶かすための「融雪器」を事前に作動しておらず、多くのポイントが転換できなくなったことを明らかにした。京都駅周辺で予想を上回る激しい降雪があったため、融雪が間に合わず、結果的に列車運行がまひしたことになる。

三津野隆宏・執行役員近畿統括本部長は冒頭、「雪の影響で長時間の列車運休と閉じ込めが発生し、多大なる迷惑をおかけしたことを深くおわびします」と謝罪した。

JR西日本によると、列車が相次ぎ駅間停車した原因となったポイントのトラブルについて、山科ー向日町(京都府向日市)間で21台がほぼ同時に発生。このうち18台が京都駅構内だった。10センチ程度の積雪が見込まれる場合、前もって融雪器を起動させる必要があるが、同社は気象予測などから京都駅周辺の積雪量を8センチ程度と想定。しかし午後6時台の降雪量は1時間で7センチに達し、一気に転換不能に陥ったという。

また、多くの乗客が停車した電車に長時間閉じ込められる結果になったことについて、三津野氏は「夜間に雪が降り、線路内なので足元も悪い。転倒のリスクを考えると、(車外に出て歩かせることに)ちゅうちょしてしまった」と述べた。

ポイントの不具合に伴い駅間に停車した15本の乗客は、合計で約7000人だった。停車から乗客の降車を開始するまでの時間は、最長で5時間20分だった。このうち約1400人の乗客が降車した湖西線の電車については、全員の降車完了が25日午前5時半になったという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加