17日の債券市場見通し=小動きの展開か

17日の債券市場見通し=小動きの展開か

  • モーニングスター
  • 更新日:2020/09/17
No image

予想レンジ:債券先物中心限月(20年12月限)151.95円-152.05円、長期国債利回り0.015%-0.020%

17日の債券市場は、小動きの展開か。

前日の米債券市場は続落。FRB(米連邦準備制度理事会)が開いたFOMC(米連邦公開市場委員会)で、フォワードガイダンスを変更し、ゼロ金利政策の長期化を示唆した。債券市場は売りで反応した。

国内先物・夜間取引も、米国債に沿った値動きで、小幅安で引けた。国内の材料は、日銀・金融政策決定会合結果に関心が集まる。「事前の複数のメディア報道によると、景気判断が上方修正される一方、政策変更はない見込み」(銀行系証券)という。15時30分からの黒田総裁の記者会見では、「菅首相・麻生財務相」という新政権との関係が話題の中心になりそうだ。提供:モーニングスター社(イメージ写真提供:123RF)

田部 正博

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加