今季初勝利の中日・勝野 6回ピンチで村上を空振り三振斬り「ストレートで思い切り行ってやると」

今季初勝利の中日・勝野 6回ピンチで村上を空振り三振斬り「ストレートで思い切り行ってやると」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇セ・リーグ 中日3―1ヤクルト(2020年8月1日 ナゴヤD)

No image

<中・ヤ>力投する先発の勝野(撮影・椎名 航)

中日の先発・勝野が自己最長となる8回を投げ4安打1失点の好投で今季初白星を手にした。

3回までは完全投球。1―1の6回2死三塁では前の打席で適時打を浴びた相手主砲・村上をこの日、最速タイとなる150キロ直球で空振り三振に仕留め「ストレートで思い切り行ってやると思って投げた。結果も付いてきて良かった」と笑みを見せた。

岐阜出身の右腕はプロ入り初めて本拠地・ナゴヤドームのお立ち台に立ち「小さい頃から見に来ていて、自分も立てて素直に嬉しい」と喜んだ。

昨季は腰のヘルニアを発症し1勝に終わったが「けがをしてたくさんの人に支えてもらった。この調子で勝って恩返ししたい」。

「勝野」という縁起の良い名前の右腕は今季、土曜日6勝負けなしのヤクルト、さらに今季4勝無敗の小川という不吉なデータにも投げ勝った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加