アジア人初の偉業に迫っているソン・フンミン、得点王よりも欲しいもの「トップ4フィニッシュが重要」

アジア人初の偉業に迫っているソン・フンミン、得点王よりも欲しいもの「トップ4フィニッシュが重要」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/15
No image

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミン。プレミアリーグの得点王に迫っている。

【動画】ダービーで決めたソン・フンミンの今季21ゴール目!

プレミアリーグは残り2試合となっており、現在の得点ランキング1位はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー。22ゴールを記録している。

一方で、ソン・フンミンは先日のアーセナル戦でも1ゴールを記録。ここまで21ゴールを決め、さらにPKを蹴っていないために流れの中からでは最多得点となっている。

ただ、得点王以上にトッテナムはアーセナルと4位を争っており、その差は「1」。残り2試合での逆転での4位入りを目指している状況だ。

今週末は残留を争うバーンリーとの試合を控えている中、イギリス『BBC』でソン・フンミンがコメント。アジア人として初のプレミアリーグ得点王が迫る中、ゴールよりもチームのトップ4フィニッシュの方が重要だと語った。

「もちろん、100%そうだ。もちろん(得点王を)争っていることは良いことだけど、何よりもトップ4でフィニッシュすることが重要だと、これまで何度も言ってきた」

「僕はサッカーをするのが大好きだし、チームを助けたいのでピッチに立っていたい。僕はいつも交代することには満足していない」

「日曜日には本当に早い時間に試合があるので、理由は理解できる。ゴールすることを約束はできないけど、チームのために最善を尽くす。もし得点できなくても、ベストは尽くすよ」

「正直なところ、スケジュールを見たらそれは狂気だよ。本当に早いターンでくるし、僕たちは回復のために全てを費やす。そして、再び戦う準備をする必要がある」

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加