田崎史郎氏 菅首相のGoTo判断「51と49の中での決断...やむを得ないかなって僕は思います」

田崎史郎氏 菅首相のGoTo判断「51と49の中での決断...やむを得ないかなって僕は思います」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

政治ジャーナリストの田崎史郎氏が13日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。菅義偉首相の消費刺激策「GoToキャンペーン」の停止をめぐる判断について言及した。

No image

TBS社屋

田崎氏は「菅さんと話していて、僕は菅さんの話の内容をあんまり個別に言わないようにしている」としつつ、「あえて申しますと、菅さんが言われているのは51と49の中で決めていかないっていう…その差2ポイントくらいしかないんですよ。どっちに決断しても批判される。それを51と49の中で決めていかなければいけないつらさが特にこのGoToにはある。地方の観光に携わっている方がたくさんいて、GoToで助かっている方がいっぱいいる。他方でそうすると感染者が増えていく。いつも51と49の中での決断だっていうこと。もちろん今振り返ってもっと早くやればいいじゃないかって後講釈される方がいっぱいいるんですけど、これはやむを得ないかなって僕は思います」と自身の考えを述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加