【浦和】「どうでも良い記録...」興梠慎三が考える自身のJ1通算得点記録の価値。チームの大勝には「非常に嬉しく思う」

【浦和】「どうでも良い記録...」興梠慎三が考える自身のJ1通算得点記録の価値。チームの大勝には「非常に嬉しく思う」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/10/18
No image

仙台戦で2ゴールを挙げ、自身のJ1通算得点記録を更新した興梠。写真:滝川敏之

[J1リーグ23節]浦和6-0仙台/10月18日(日)/埼玉スタジアム2002

ホームでの仙台戦で興梠慎三が2ゴールを挙げ、J1通算得点記録を154に伸ばした。前田遼一(岐阜)が持つ4位タイの記録に並んでいる。

試合は立ち上がりから、浦和が前線からの激しいプレスでボールを奪い、自分たちのペースで試合を進める。すると8分の長澤和輝の得点を皮切りに、前半だけで3ゴールを挙げる。後半も勢いには止まらず、さらに3ゴールを重ね6発大勝。ホームの連敗を4でストップさせた。

エース興梠はこの試合で2ゴール。39分に自ら得たPKを冷静にゴール右隅に沈めると、51分には左サイドからの汰木康也のクロスを頭で流し込み、チームの4点目を挙げた。

試合後、フラッシュインタビューに応じた興梠は、これまでなかなか白星に恵まれなかったことを反省しつつ、仙台との一戦を総括した。

「なかなかFW陣が得点が取れない状況が続いて、ちょっと不甲斐ない試合が多かったんですけど、今日は自分たちが良かったのか、相手が悪かったのかは分かりませんが、6点を取れたことはすごくプラスになると思います」
2点目のシーンでは、汰木の精度の高いクロスを頭で合わせ、良い時間に追加点を挙げた。このシーンについては、「汰木はあそこで持ったら仕掛けられるので、それを信じてなかに入りましたし、良いボールが上がってきたので流し込むだけでした。あいつもここ最近すごく良い活躍をしてくれていて、前節の柏レイソル戦でもあいつの良いボールをもらって決めることが出来なかったので、今回決めれて良かったと思います」と後輩からのラストパスを絶賛した。

自身のJ1通算得点記録に対しては、「まずはチームのために点を取るっていうのを前提に考えていますので、この記録は自分としてはどうでも良い記録」とコメント。そのうえで、チームの勝利を喜んでいる。

「ここ最近ホームで勝つことが出来なかったので、本当に選手全員が不甲斐なかった。そして今日こそは絶対勝ちたいという気持ちを前面に出したと思いますし、それがこの結果につながったって非常に嬉しく思います」

なかなか勝利を得られず、苦しい状況が続いたなかで挙げた大量6ゴールでの大勝。この結果を、今後のモチベーションアップにつなげ、浮上のきっかけとしたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加