小樽に行ったら欠かせない!海鮮の宝庫「小樽三角市場」のおすすめ海鮮丼3選

小樽に行ったら欠かせない!海鮮の宝庫「小樽三角市場」のおすすめ海鮮丼3選

  • 北海道Likers
  • 更新日:2022/05/14

北海道を代表する観光地・小樽市。小樽市は漁業がさかんで、新鮮な海鮮グルメが味わえます。なかでも、海の幸が山盛りにのった海鮮丼は大人気!

今回は、海鮮の宝庫「小樽三角市場」で食べられるおすすめ海鮮丼を3つご紹介します。

食べていかなきゃもったいない!地元ライター絶賛の「知る人ぞ知る小樽グルメ」5選

「小樽三角市場」とは

No image

出典:北海道Likers

「小樽三角市場」は、小樽駅から徒歩3分という絶好の立地にある市場。昭和23年から営業している歴史ある市場で、鮮魚店や海鮮を楽しめるお食事処がたくさんあります。約200メートルの通路の両側に16店舗が並んでおり、通るだけで「旅に来た!」という気分になりますよ。

「小樽運河」や「北一硝子」など人気のお店が並ぶ観光通りを散策し、お腹を空かせてから訪れるコースか、朝いちばんに訪れるのがおすすめです。

1:海鮮丼をリーズナブルに食べられる食堂「さんかく亭」

No image

出典:北海道Likers

味よしボリュームよし、お値段もお手頃な「さんかく亭」。同店は市場内の鮮魚店の「奥村商店」と「網岸水産」が共同経営している食堂です。「網岸水産」は三角市場の組合長を務めている老舗の鮮魚店なので、鮮度と品揃えには定評があります。食堂は夫婦で経営されており、穏やかなお父さんとお母さんが出迎えてくれますよ。

No image

出典:北海道Likers

「さんかく亭」はメニューがとっても豊富。なかでもイチオシは、10種類のネタがあふれんばかりにのった『カラフル丼』。

塩水のうに、みずみずしいたこ、かに。いかは肉厚、ほどよく醤油漬けになっているいくら。濃厚な味の甘えび、分厚く切られたとろサーモン、本まぐろ、ほたて、とびっこ。ガリ、キュウリ、玉子などの箸休めもあり、酢飯とよく合います。目と舌でじっくり味わえる海鮮丼ですよ。

ほかに『学割丼』(学生以外も注文OK)、『小盛り丼』などお手頃価格のメニューも。

小樽市民お墨付きの海鮮食堂「さんかく亭」。価格、味、ボリュームを求める方はこちらに向かえば間違いありません!

<店舗情報>■店名:さんかく亭■住所:北海道小樽市稲穂3丁目10-16 三角市場内

2:鮮度抜群の海鮮丼が味わえる「味処たけだ」

No image

出典:北海道Likers

「味処たけだ」は、小樽三角市場内にある創業50年以上の「武田鮮魚店」が営む食堂で、三角市場で海鮮丼をいち早くメニューに取り入れた店だとか。直売店に並ぶ鮮魚をその場で食べられるので、新鮮さが魅力です。

店内には、テーブル席と小上がりもあるので家族連れや団体様も利用できますよ。いつも店員さんの威勢いい声が響き活気がある印象です。

No image

出典:北海道Likers

「味処たけだ」の看板メニューは航空会社のANAと共同製作した『ANA特製丼』。生うに・かに・いくら・サーモンの豪華4点盛。生うには甘みがあり、口のなかでふわっととろけます。いくらは粒が大きくプチプチ食感。かには濃厚で爪のなかにも身がぎっしり詰まっており、サーモンには脂がたっぷりのっています。

底が深いどんぶりにあふれるくらいの海鮮と白米がぎっしり詰まっているので、食べ応え満点! 海鮮丼に使われているお米は酢飯ではなく白米です。海鮮丼には全品日替わりの味噌汁もついてきます。

開店は朝7時なので、混んでいる日中のピーク時をはずして朝食を食べに行くのもありですよ。

<店舗情報>■店名:小樽三角市場内・食堂 味処たけだ■住所:北海道小樽市稲穂3丁目10-16 三角市場内■電話番号:0134-22-9652■営業時間:7~16時■定休日:元旦

3:ネタを選んで自分好みの海鮮丼に「北のどんぶり屋 滝波食堂」

No image

出典:北海道Likers

「北のどんぶり屋 滝波食堂」は、昭和20年創業という老舗店。お店には数多くのサインが飾られ、メディアでも多く紹介されているのでご存じの方もいるのでは?

ランチの時間帯や土日祝は30分~1時間待つこと覚悟! 営業時間は8~17時なので、開店直後かお昼のピークが終わった14~15時ごろが狙い目です。

No image

出典:北海道Likers

こちらで並んででも食べたいのが名物『元祖わがまま丼』。10種類のネタのなかから3種類もしくは4種類を選べる同店の一番人気メニューです。

ネタはこぼれそうなほど山盛り! かにはみずみずしく、噛むほどに旨味が出ます。自家製いくらはしっかり歯ごたえがあり、濃すぎない醤油漬け。生うには癖がない甘みを感じます。どれをとっても新鮮です。

ご飯は普通サイズと小サイズから選べます。普通サイズは量が多め。海鮮をメインに味わいたい方や小食な方は小サイズで十分です。

セットの味噌汁はプラス300円で『かに汁』に変更可能。身がぎっしり詰まっていて食べ応えがあり、かにの出汁がしっかり出ています。北海道に来たからにはぜひ味わっていただきたい一品です。

『元祖わがまま丼』で有名な「北のどんぶり屋 滝波食堂」ですが、ほかにも北海道を代表する海鮮丼が勢ぞろい。北海道の海の幸を食べつくしたい方におすすめです!

<店舗情報>■店名:北のどんぶり屋 滝波食堂■住所:北海道小樽市稲穂3丁目10-16 三角市場内■電話番号:0134-23-1426■営業時間:8~17時■定休日:無休(元日のみ)

どの海鮮丼もとても魅力的ですよね。「小樽三角市場」でお好みの海鮮丼を探してみませんか?

今回ご紹介した海鮮丼のほかにも、市場内には素敵な海鮮丼がたくさんあります。旅行の際は、ぜひ気になるお店をチェックして足を運んでみてくださいね。

※こちらの記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加