オリックス宗、屋鋪以来33年ぶり2年連続ランニング本塁打

オリックス宗、屋鋪以来33年ぶり2年連続ランニング本塁打

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

西武対オリックス 8回表オリックス2死二、三塁、ランニング本塁打を放ち、喜びながらベンチへ戻る宗(左)と中川(撮影・垰建太)

<西武3-6オリックス>◇3日◇メットライフドーム

▼オリックス宗佑磨外野手が8回にランニング本塁打。

宗のランニング弾は昨年7月25日楽天戦に次いで通算2本目。ランニング本塁打を2年続けて打ったのは、87、88年に記録した屋鋪(大洋)以来33年ぶりとなった。パ・リーグの選手では62、63年広瀬(南海)以来で、オリックスでは阪急時代の56、57年渡辺以来64年ぶり。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加