【正しい目もとクレンジングの方法】丁寧なコットン使いがまつ毛を育てる!

【正しい目もとクレンジングの方法】丁寧なコットン使いがまつ毛を育てる!

  • DAILY MORE
  • 更新日:2020/11/20

地まつ毛がまなざしを印象づける! 正しい目もとクレンジングで“まつ育”を

「せっかくキレイにメイクしても、クレンジングでゴシゴシこすったらまつ毛が抜けるだけでなく茶ぐまの原因に! 目もとはとてもデリケートなので、専用のリムーバーとコットンを使って丁寧にオフを心がけましょう」(トータルビューティアドバイザー・水井真理子さん、以下同)

正しい目もとクレンジングの方法

No image

リムーバーをコットンに取る。目幅をしっかりおおえるくらい、広範囲に含ませて摩擦を防いで!

No image

コットンに含んだリムーバーをじわじわとメイクになじませるように、まぶたにじっくりとあてる

No image

手首を返しながら、まぶたからまつ毛の毛先に向けてコットンをやさしくスルッとすべらせる

No image

眉頭から眉尻、上まぶたの目頭から目尻へとコットンをすべらせ、アイブロウとアイシャドウをオフ

No image

コットンを四つ折りにし、片方の手で目尻を引き上げながらコットンの角で上まぶたのアイラインをオフ

No image

下まぶたの際は目尻から目頭に向けてやさしくすべらせて。コットンが汚れたら適宜交換を

No image

お湯落ちタイプのマスカラの場合は、全顔クレンジングの前にお湯を含ませたコットンでオフを

♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡

撮影/藤澤由加(モデル) 久々江 満(製品) ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) モデル/夏海 取材・原文/野﨑千衣子 構成・企画/高戸映里奈(MORE) ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加