ジャンジャック・ベネックス監督死去「ディーバ」「ベティ・ブルー」

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/01/15

AFP通信によると、フランスの映画監督ジャンジャック・ベネックスさんが13日、パリで死去した。75歳だった。家族によると、長く病気を患っていたという。

相米・森田・澤井 日本映画の転換点、80年代デビュー組に脚光

1946年パリ生まれ。「ディーバ」「溝の中の月」などを手がけ、男女の激情的な恋愛を描いた86年の「ベティ・ブルー」は米アカデミー外国語映画賞にノミネートされるなど国際的に評価され、日本でもヒットした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加