山田涼介演じる神崎、殺人犯の息子と知り自暴自棄に...『キワドい2人』最終話

山田涼介演じる神崎、殺人犯の息子と知り自暴自棄に...『キワドい2人』最終話

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2020/10/16
No image

山田涼介演じる神崎、殺人犯の息子と知り自暴自棄に…『キワドい2人』最終話

山田涼介主演のドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系、毎週金曜22:00~)の最終話(第6話)が、10月16日に放送される。

【無料動画】TVerで『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』期間限定で配信中!

本作は、第56回江戸川乱歩賞を受賞した横関大による刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」を原作とした刑事ドラマで、池袋署刑事課・強行犯係を舞台に、性格も価値観も捜査方針も正反対の2人が衝突を繰り返しながら事件に挑む姿を描く。

山田が新人刑事・神崎隆一を、田中圭が神崎の異母兄弟で同じく刑事の黒木賢司を演じる。

<最終話あらすじ>
神崎隆一(山田)は、自分が犯罪者の息子だという衝撃の真実を知り自暴自棄になっていた。

いっぽう、22年前の「ファミレス立てこもり事件」の捜査を担当していた副署長・澤登哲也(六角精児)の身に危険が迫っていることを知った黒木賢司(田中)は、澤登の元に駆け付ける。するとそこには、行方をくらませていた父・神崎賢造(椎名桔平)の姿があった。22年前の事件の真相を澤登に迫る賢造は、隠れていた捜査員たちに囲まれてしまい――。

異母兄弟でないと知った神崎と黒木は、家族の絆を取り戻すことはできるのか!? そして、兄弟バディが選んだ最後の決断は――。

神崎と黒木が異母兄弟ではないことは、先週放送された第5話で明らかに。インターネット上では「思った以上にしんどかった。辛かった。それにしてもこの2人の演技が凄かった」などの声があがっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加