『イカゲーム』でNetflixは投資額の“1000倍”の利益を得た?韓国国会議員が主張「下請けになる」

『イカゲーム』でNetflixは投資額の“1000倍”の利益を得た?韓国国会議員が主張「下請けになる」

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2021/10/14

「Netflixが『イカゲーム』のおかげで、投資額の1000倍の利益を得た」

【写真】「ギャップすご…」『イカゲーム』撮影現場の“裏側”

Netflixが『イカゲーム』によって、投資額対比で約1000倍以上の経済的利益を享受したとの主張が提起された。

10月14日、国会文化体育観光委員会に所属するキム・スンス議員の国政監査資料によると、Netflixは制作費200億ウォン(約20億円)を投入した『イカゲーム』の配信約3週間で、時価総額が28兆ウォン(10月6日の米ナスダック終値基準、約2兆8000億円)ほど増加したという。

投資額と比べて約1166倍の時価総額の増加を記録したことで、冒頭の主張が出たわけだ。

キム議員は、「Netflixは著作権を独占しており、ヒット後、国内制作会社への直接的なインセンティブはない」と主張した。またキム議員は、Netflixなどの海外OTTは韓国コンテンツの販路拡大という意味では役に立つが、「2次著作権を独占しており、国内制作会社が海外OTTの下請けに転落する恐れが大きい」と韓国政府に対策を促した。

No image

全世界的な人気を集めている『イカゲーム』は10月13日現在、視聴世帯が1億1100世帯を超えたと発表された。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加