「日本代表は勝っちゃうしで、残念」共産党・中野区議が炎上、一度反論も謝罪「言動は間違いでした」

「日本代表は勝っちゃうしで、残念」共産党・中野区議が炎上、一度反論も謝罪「言動は間違いでした」

  • リアルライブ
  • 更新日:2022/11/25
No image

羽鳥だいすけ公式ツイッターより https://twitter.com/HatoriDaisuke

サッカーW杯カタール大会で、日本が強豪ドイツ相手に勝利したことを受け、ツイッターに「日本代表は勝っちゃうしで、残念」と述べたとして炎上していた、日本共産党の中野区議会議員・羽鳥だいすけが発言を謝罪した。

23日に行われた日本とドイツの試合。ドイツは試合前、多様性などを訴える腕章の着用を禁じた国際サッカー連盟(FIFA)への抗議の意を示し、口をふさぐポーズを取っていた。

>>谷原章介、カタールから中継で「コロナじゃございません」不謹慎な冗談に批判相次ぐ<<​​​

羽鳥氏は24日にツイッターでこのニュースを引用し、「日本とドイツのサッカー協会の差を見せつけられちゃうし、日本代表は勝っちゃうしで、残念というほかない」とツイートしていた。

しかし、ツイートにネット上から「日本代表が勝ったのになぜ残念なの?」「日本の政治家が言っちゃダメでしょ」「一生懸命戦って勝利した日本の代表にどうして残念なんて言えるんだ」といった批判が殺到する事態になっていた。

批判に対し、羽鳥氏は同日夕方に「日本代表の戦いはすごいと思いますし、ものすごい努力をされたと思います」とした上で、「しかし、『日本代表を応援し、その勝利を喜んでいなければ日本人に非ず。そう考えてないなら黙っていろ』という空気の中で、『日本が勝ってよかった』とはとても思えません」と反論ツイートを投稿。

これにも、ネット上からは「『日本が勝ってよかった』と『日本が勝っちゃって残念』は全然別」「自分が作った空気だろ」「責任転嫁してる」という指摘が集まることに。

羽鳥氏は同日夜になってまたツイッターを更新し、「多くの方からご指摘がありまして現在は以下のように思っています」「選手のみなさんは、努力を重ねフェアプレイで全力を尽くして戦ったわけで、その双方に対して敬意を払うことが政治に携わるものとして当たり前の態度でした」と自身の考えを改めると表明。「『日本代表が勝って残念』という言動は間違いでした。申し訳ありません」とようやく謝罪していた。

この一連のツイートに、ネット上からは「指摘がないと謝れないあたりズレてる」「とりあえず謝ってる感がすごい」「上から言われて渋々って感じ」という厳しい声が寄せられており、炎上が止む気配はいまだ見られていない。

記事内の引用について
羽鳥だいすけ公式ツイッターより https://twitter.com/HatoriDaisuke

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加