アンガ田中「ベスト・エッセイ-」選出に「少しだけエッセイストみたいな顔して」と大興奮

アンガ田中「ベスト・エッセイ-」選出に「少しだけエッセイストみたいな顔して」と大興奮

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/06
No image

「ベスト・エッセイ2022」に選出された田中卓志(C)新潮社

アンガールズの田中卓志(46)が、母親が作ってくれた弁当についてつづったエッセイ「最高の食事」(小説新潮2021年11月号掲載)が「ベスト・エッセイ2022」に選出されたことが5日、発表された。

ネット公開時に280万PVと大きな反響を呼んだ一編で、バラエティー番組で田中が見せた母親への愛情にスタジオ中が涙した、という心温まる内容。選出に田中は「これからは少しだけエッセイストみたいな顔をして街を歩きたいと思います!」と興奮を隠しきれないようだった。

「ベスト-」は、作家・林真理子氏が理事長を務める日本文藝家協会が編さんし、年に一度刊行される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加