業務スーパーで入手できる馬肉がウマ過ぎ 簡単調理でブルジョア気分に

業務スーパーで入手できる馬肉がウマ過ぎ 簡単調理でブルジョア気分に

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/08/01
No image

全国各地に、865店舗展開している業務スーパー(2020年5月時点)。「業務」の文字通り、飲食店事業者に向けた規格外の量の食材が並ぶ中、一般のスーパーではお目にかかれない品物までそろっている。

画像をもっと見る

■馬肉を発見

No image

1キロのマヨネーズ、10枚入りの白身魚…。店内各所の至るどころに、多量の食材が所狭しと陳列されている同店。何か面白いものはないかと探していると、店内に掲げられた幕に、「馬肉始めました」と書かれていた。

No image

さっそくコーナーを見ると、ロース馬刺しとユッケがあり、赤身は売り切れ。このうち、ロース(184グラム、953円)を購入。業務スーパーの食材としてはかなり高級な部類で、期待が高まる。馬刺しとして実食してみることにした。

関連記事:休業中の居酒屋から人手不足のスーパーに ワタミ従業員がロピアに出向

■食べてみると…

No image

解凍方法は定番のとおり開封せず、氷水に30分浸け半解凍に。包丁で2センチずつスライスし、15枚に分かれた馬刺しを円形に皿に並べる。馬刺しのたれはさまざまあるが、今回は調理アプリに書かれていたごま油と塩こしょうで実食。

No image

一口食べ美味しかったが、肉自体が美味しいのでもっと和風の味付けも試すことに。

■ポン酢でも絶品

No image

シンプルにポン酢の方が合う気がし、ちょびちょびと浸けながら食べてみると、やはり良い。

値段的には少しお高いものの、全体的に安価な商品が多い業務スーパーなので他の商品で節約しつつ、ちょっと贅沢に馬刺しを楽しむという使い方はかなりアリだ。

■ネット上でも人気

No image

業務スーパーで販売されている馬肉に対し、ネット上では、「馬肉、ついつい買っちゃう」「今日は馬肉リベンジに行くのだ」と、その美味にハマり、リピートする声が続出。

一方、「馬肉あるのか…」「業務スーパーで馬肉売ってるのか…!」と、物珍しいといった印象を抱く声も見られた。まだ買っていない人からも大きな期待のある商品になっているようだ。

・合わせて読みたい→日本のスーパーとハラル食材店が融合 埼玉『ボンゴバザール』がスゴい

(取材・文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加