バス事業の再起かけ「プラネタリウムバス」運行開始 【岡山・岡山市】

バス事業の再起かけ「プラネタリウムバス」運行開始 【岡山・岡山市】

  • RSK山陽放送ニュース
  • 更新日:2022/01/16

新型コロナの影響で利用低迷が続く路線バスの再起を図ろうと、期間限定バスの運行が1月13日夜から始まりました。その名もプラネタリウムバスです。

No image

バス事業の再起かけ「プラネタリウムバス」運行開始 【岡山・岡山市】

冬の星空が映し出されたスクリーンは、路線バスの天井です。
両備バスが運行するプラネタリウムバスは、岡山駅-西大寺間を25日まで1日1往復します。
映像はオリジナルで冬の時期の20以上の星座を映し出します。
コロナ禍で減少したバスの利用促進に繋げようと、乗れると宇宙一幸福!?な路線バスとPRします。

(両備HD 平本清志 乗合バス統括部長)
「夜の時間帯に走るバスでございますので、お疲れのお客さんもいらっしゃられたりすると思うんですけど、ぜひこの星空を見て癒しを感じていただけたらありがたいかなと思っています」

両備グループでは今後、毎月1回以上様々な仕掛けを展開し、公共交通の再起を図りたいと話しています。

RSK山陽放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加