チンパンジーもかかる新型コロナ 沖縄こどもの国「細心の注意」

チンパンジーもかかる新型コロナ 沖縄こどもの国「細心の注意」

  • 沖縄タイムス+プラス
  • 更新日:2022/01/15
No image

毛布にくるまって暖かそうな2歳のチンパンジー、モコイチ(右)。母親のモコが見守る=14日午前、沖縄市・沖縄こどもの国(下地広也撮影)

沖縄地方は14日、寒気の影響で日中も気温が上がらず、冷え込む一日となった。沖縄市胡屋の沖縄こどもの国ではチンパンジーが寒さのあまり毛布にくるまったり、頭からかぶったりして暖を取るユーモラスな姿が見られた。

最低気温は各地で平年より低く、国頭村奥で10.9度、那覇は14.3度だった。

同園広報担当の金尾由恵さんは「気温の寒暖差が大きいため、動物たちが体調を崩さないように気を使っている。類人猿のチンパンジーは新型コロナウイルスに感染するので細心の注意を払っている」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加