ホンダ N-VANキャンパー は“寝室+もう一部屋”

ホンダ N-VANキャンパー は“寝室+もう一部屋”

  • レスポンス
  • 更新日:2022/08/09
No image

ホンダアクセスN-VANキャンパー(アソモビ2022)

もっと画像を見る

ホンダアクセスは車中泊をテーマにホンダ『ステップワゴン』と『N-VAN』をアソモビ2022に展示していた。このうちN-VANに装着されていた「テールゲートカーテン」は海水浴、キャンプ、車中泊とさまざまなシーンで活躍しそうな装備だった。

ステップワゴンとN-VANのキャンパー:アソモビ2022展示のパーツ全部付けたらいくら?

テールゲートカーテンは、跳ね上げたテールゲートに取り付ける遮光カーテンだ。布地は厚めでしっかりしていて、テールゲートウィンドウから3方を覆うことができる。各辺はファスナーで分割できる。3方を閉じれば、テールゲート下の空間を車内からアクセスできる別室のようにできる。

下は地面になるが、シートや板を敷いたり、テーブルやチェアなどを持ち込んでもよい。分割カーテンは別々に巻き上げることができるので、日中は日差しによって快適な日陰をつくることができる。もちろん全部解放してもいいが、全閉にすれば立ったまま着替えができる場所にもなる。同様な製品は『フリード』にも設定があるらしいが、ワクワクゲートがなくなった「ステップワゴン」にも欲しい装備だ。

軽キャンパーは車中泊のためには運転席からフラットにする必要がある。N-VANはもちろん可能だが、市販のベットボードやマットを利用すると完璧だ。助手席のダッシュボードはそのままベッドサイドボードとして物を置いたりできるが、小さいテーブルキットも装備されていた。スマホやLEDライト、メガネなどを置く場所として重宝する。

車中泊で欲しいのは、プライベート保護や保温にもなるシェードやカーテンだ。N-VANにはフロントウィンドウと運転席・助手席のウインドウを覆うカーテン、後席両ウインドウ、リアウインドウを覆うシェードも用意されている。

プジョー 408 新型、ファストバックボディがくるくる回る...あらゆる角度

SUPER GT会場で注目、迫力のエアロを身につけた シビックタイプR 新型

メルセデスベンツ Vクラス のキャンパー「マルコポーロ」に新仕様発表へ...独キャンピングカーショー

中尾真二

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加