細田衆院議長 “安倍元総理と旧統一教会”語る「近い団体と知っていた」

細田衆院議長 “安倍元総理と旧統一教会”語る「近い団体と知っていた」

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/25
No image

動画を見る(元記事へ)

旧統一教会との関係が度々取りざたされてきた、衆議院の細田博之議長が24日、与野党の代表者からの質疑に応じました。

細田氏は、参議院選挙で教団の票を差配していたかについて問われ、「思い当たる事実はない」と否定しました。

また、2019年に関連団体の会合であいさつし、安倍晋三元総理大臣の名前を挙げたことについては、次のように答えたということです。

細田衆院議長:「安倍氏と近い団体と知っていたので、サービスで発言した」

今回、冒頭を除いて非公開で行われた質疑について、野党側は、次のように話しました。

立憲民主党・笠浩史衆院議員:「オープンな形で、国民の皆様に説明すべきだと求めてきたので。国民の皆様が果たして本当に納得をして頂けるのかどうか、説明責任を果たしたことになるのか、疑問が残る」

(「グッド!モーニング」2023年1月25日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加