阪神・西純 最速150キロ!2回0封3K エキシビションで1軍昇格チャンスつかむ

阪神・西純 最速150キロ!2回0封3K エキシビションで1軍昇格チャンスつかむ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/21
No image

先発で好投を見せた西純(代表撮影)

「2軍練習試合、阪神3-0BC石川&富山連合」(20日、鳴尾浜球場)

1軍の戦力となるために、猛暑の鳴尾浜で打者を圧倒した。阪神の西純矢投手(19)が20日、BC石川&富山連合との練習試合に先発し、2回1安打無失点で3奪三振。帽子を飛ばしながら、最速150キロを計測した。

この日もテーマは「三振を取ること」。高校時代のフォームに原点回帰してから、こだわり続けていることだ。その言葉通り、初回は4番・宮本を直球で空振り三振。二回の2奪三振はいずれも3球で仕留めた。

五輪ブレークには同期入団で同学年の及川が1軍で先発調整することが決定。自身もエキシビションマッチで登板する可能性があるだけに「フレッシュ(球宴)でそこそこ自信がついたので、1軍に絡んでいけたら」と、西純も負けるわけにはいかない。

「自分のやりたいことをファームで作り上げる」と自分の成長が1軍への近道だ。高校BIG4と称された2人。入団後も互いに高め合ってきた関係だからこそ、西純は静かに闘志を燃やしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加