SANADA乱入はねのけG1制覇王手「名を残す」

SANADA乱入はねのけG1制覇王手「名を残す」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

決勝進出を決めたSANADA(新日本プロレス提供)

<新日本:G1クライマックス30>◇17日◇東京・両国国技館

新日本プロレスの「G1クライマックス」Bブロック公式戦最終戦が行われ、SANADA(32)が、18日の決勝(両国)進出を決めた。

勝ち点2差で追うEVILとメインで対戦。相手セコンドのディック東郷の試合介入に苦しむも、終盤、テレビ解説を務めていた同門の高橋ヒロムが東郷を蹴散らすと、リング上で1対1となったEVILにオコーナーブリッジを決め、3カウントを奪った。

KENTAに敗れた内藤、EVILと6勝3敗の勝ち点12で並んだが、直接対決の結果により、SANADAが飯伏幸太が待つ決勝に駒を進めた。5度目の出場で初優勝に王手をかけた32歳は「G1の歴史にSANADAの名前を残してやる」と力を込めた。飯伏は、史上初の3年連続の決勝で、勝てば、蝶野、天山に続く3人目の連覇となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加