糸満の市営バス 寝ている児童に気づかず置き去りに

糸満の市営バス 寝ている児童に気づかず置き去りに

  • QABニュース
  • 更新日:2022/09/23

糸満市が運営するコミュニティーバスで小学生が車内に置き去りにされていたことが分かりました。

濱元晋一郎記者「児童の乗ったバスは、広い駐車場の端に止められていていて、ガラスには遮光シートが張られ中が見え辛くなっています。」

糸満市のコミュニティーバスを運行する会社によりますと、9月16日、午後5時ごろ市営バス・いとちゃんminiが、営業所に戻った際、運転手が車内で眠っていた小学生に気づかず施錠をし、およそ10分間置き去りにしました。目を覚ました小学生は母親に電話で助けを求め、母親の指示でクラクションを鳴らしたものの気づかれず、窓から自力で脱出しけがなどはありませんでした。会社は、小学生の保護者に謝罪したということです。

バスは予約制で通常、利用客の乗り降りをタブレットで管理していますが、この時、小学生は降りたことになっていました。運転手は会社の聞き取りで、「車内の確認を怠った」と話しているということです。会社は今後、運転手と運行管理者による車内の二重のチェックや、通報ブザーの設置を検討しています。会社は、関係機関と協力しながら再発防止に努めると話しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加