「雪見だいふくみたいな大福 7個入」を実食、冷やすとどうなる?

「雪見だいふくみたいな大福 7個入」を実食、冷やすとどうなる?

  • iza!
  • 更新日:2022/11/25

ローソンで販売中の「雪見だいふくみたいな大福 7個入」がネットで話題だ。「まさに雪見だいふく」との感想もあがっており、気になる商品を実食してみた。冷凍して味が変化するかも探ってみた。

ローソンがロッテとコラボレーションし、アイス以外で「雪見だいふく」を再現した常温の大福。濃厚なクリームをマシュマロと餅粉に水あめと砂糖を混ぜて練り上げた求肥で包んでいる。価格は税込み218円。

SNSには「確かに、“みたいな”です」「味わうほどに『えっ…?雪見だいふく!』ってなるのが不思議…」「冷凍すると雪見だいふくなのマジでおもろい」といった食レポが並ぶが、実食してみると、外側はもちもちで、噛むと、ぷにっとした食感。中からホワイトクリームがあふれ、味は、強い甘さがあるものの、雪見だいふくそのままだと感じた。

No image

「雪見だいふくみたいな大福 7個入り」

冷蔵した方の味は、常温とはさほど変わらず。ただ、クリームが凍ることで食感がアイスのように変わり、本家にさらに近づくと感じた。凍らせても、甘さは強いまま。中のクリームが少ない分、求肥のもちもち感が強調されたような感じになった。

常温、冷凍で違った食感が楽しめるのは面白い。どちらの状態でも、強い甘さが感じられるので、甘党にオススメしたい一品だ。

No image

凍らせた状態の「雪見だいふくみたいな大福」。中身が引き締まっていた

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加