【食べ過ぎたなと感じる時に】疲れた胃腸にピッタリ「白菜とほうれん草の味噌お粥」レシピ

【食べ過ぎたなと感じる時に】疲れた胃腸にピッタリ「白菜とほうれん草の味噌お粥」レシピ

  • ヨガジャーナルオンライン
  • 更新日:2022/01/15
No image

年末年始、いつもと違う食事・生活習慣で胃腸が疲れていませんか?今回は、消化に優しい食材を使った簡単お粥レシピをご紹介します。

年末年始の楽しいイベントを終えて、胃腸もそろそろ休憩が必要な時期ではありませんか?食べたものの消化・吸収は、内臓にとって大仕事。

胃腸が疲れてしまうと、全身の疲れも取れにくく、睡眠の質が低下してしまう、肌荒れやイライラの原因にもなりかねません。年末年始働いてくれた胃腸を休めるためには、胃腸に負担をかけない食事を1日一回でも良いので取り入れることが大切です。そんな時におすすめな、ほっこり優しいお粥レシピをご紹介します。

また、旬の冬野菜を使えば、栄養価もアップするので疲労回復効果も期待できます。

ほうれん草と白菜の味噌お粥

<材料>(2人分)

・お水…300cc

・ほうれん草…1束

・白菜…

・お味噌…大さじ1

・玄米or白米(炊いたもの)…160g

・すりごま…ひとふり

<作り方>

・お鍋にお米、ほうれん草、白菜を入れ、野菜がくたくたになるまで中火で温める

・お米がふっくらしてきたら、お味噌を加えて、弱火で1〜2分程度温める

・火を止めて、お皿に盛り付けたらゴマを振って出来上がり

No image

お味噌を入れる際は、温めすぎや沸騰しないように気をつけましょう。味噌の風味が消えてしまわないようにするのが美味しく食べるコツです。

また、トッピングには炒りゴマよりすりゴマがおすすめ。ゴマは周りの皮が厚く、そのままでは腸内で栄養素が吸収されにくいという特徴があります。すりゴマにすることで、ゴマの栄養素をまるごといただきましょう。

ほうれん草と白菜

No image

ほうれん草は、ヨーロッパでは胃腸のホウキと呼ばれていたんだとか。ほうれん草の栄養素:ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、加熱することで柔らかくなり、食べやすさがアップします。

白菜も冬野菜の代表であり、消化されやすくて胃腸への負担を減らします。白菜の栄養素:食物繊維、ビタミンC、鉄、カリウムなど。体にたまった余計な水分を外に出す役割を持っているので、年末年始のむくみを撃退しましょう。

お粥で胃腸もリラックス

No image

胃腸が疲れてしまう要因として、食べ過ぎや脂質の摂りすぎが挙げられます。食材にもよりますが、一般的にお粥は脂質の含有量が低く、胃腸にやさしい食事です。食べ過ぎたなと感じる時は、ぜひお粥でスッキリしてみてはいかがでしょうか?

河原あい

フリーランスライター。福岡出身。管理栄養士免許取得後、環境系大学院博士課程にて乳酸菌の研究中。プラントベース・ヴィーガンな栄養学、インナーケアに関する記事の執筆と、腸内環境を整えることの大切さをSNSにて発信している。

Photo by kwhr ai

河原あい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加