バレンシアが韓国代表19歳イ・ガンインに“警戒態勢”と現地紙報道

バレンシアが韓国代表19歳イ・ガンインに“警戒態勢”と現地紙報道

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/11/21
No image

バレンシアが韓国代表MFイ・ガンインに対して「警戒態勢に入っている」とスペイン『マルカ』が報じている。

現在19歳のイ・ガンインは、先日まで韓国代表の一員としてオーストリア遠征に参加。同遠征中に代表チーム内で計10名の新型コロナウイルス陽性者が確認された。

イ・ガンインは19日にバレンシアへ戻ったが、同紙によるとクラブの「不測の事態を回避するための計画」として、同日午後のトレーニングはチームメイトと接触することなく1人で行ったという。

すでにイ・ガンインはPCR検査を受けているとのこと。検査結果で問題がなければ、21日からチームトレーニングに合流し、22日に敵地で行われるラ・リーガ第10節アラベス戦に帯同することも可能だと伝えられている。

今季はここまでリーガ8試合に出場。韓国代表のオーストリア遠征では14日のメキシコ戦(●2-3)、17日のカタール戦(○2-1)でいずれも途中出場していた。

●ラ・リーガ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加