ブラマヨ吉田、自作フェイスシールド「弐号機」を公開 発明の予感に反響も

ブラマヨ吉田、自作フェイスシールド「弐号機」を公開 発明の予感に反響も

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/11/22
No image

(写真提供:JP News)

お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの吉田敬が、22日未明にツイッターを更新。自作のフェイスシールドを紹介し、装着画像も公開した。

■自作シールドを開発中

19日のツイートにて、自作のフェイスシールド装着画像を公開している吉田。キャップのツバに割り箸を付け、その先端からビニールを下げた簡易的なものだが「これ、アホみたいやけど飲み屋で効果あると思うで」とつづっていた。

しかし、フォロワーからはサイドががら空きであることを指摘されてしまい、開発者である吉田自身も「エアコンの近くならば、風でめくれ上がって終わりです」と認める返信を行なっている。そして22日に公開した「弐号機」では、こうした点が改められたのだった。

これ、アホみたいやけど飲み屋で効果あると思うで。

初号機やけどな。 pic.twitter.com/1K8vl4in47
— ブラマヨ吉田 (@bmyoshida)
November 19, 2020
from Twitter

関連記事:新型コロナ対策にメガネが有効? 使用者に患者が少ない傾向が判明

■より飛沫防止にパワーアップ

先代より大がかりな弐号機は、キャップから麦わら帽子に変わり、ツバが広くなったことでガードも広範囲に。吉田は「野球帽から麦わら帽子にした事で、ラップ(リスペクトシールドといいます)の幅が広くとれるようになりました」と、この改良点について解説している。

さらに、「リスペクトシールドの下部に、プラスチックの球(ミラクルボールといいます)をぶら下げる事により、エアコンなどの風で、めくり上がりにくくなりました」と、弱点であった風にも強くなったとアピール。

どこか頼りない簡素な発明品だが、フォロワーからは「いやこれマジで使わせてもらっていいですか?」「これで飲みに行って、実証してください」「大発明のスタートって意外とこんなとこから始まるから侮れない」「参号機楽しみにしてます」など、意外にも好意的な反応が寄せられていった。

弐号機。

まず、野球帽から麦わら帽子にした事で、ラップ(リスペクトシールドといいます)の幅が広くとれるようになりました。

更に、リスペクトシールドの下部に、プラスチックの球(ミラクルボールといいます)をぶら下げる事により、エアコンなどの風で、めくり上がりにくくなりました。 pic.twitter.com/5IhETKNaFM
— ブラマヨ吉田 (@bmyoshida)
November 21, 2020
from Twitter

■女性のほうが衛生面に敏感?

政府が「マスク会食」を推奨していることを考えると、冗談混じりながらもあなどれない吉田の発明。改良を重ねていけば、実用的になる可能性はなきにしもあらずだろう。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女2,168名を対象に調査したところ、「新型コロナ前より衛生面を気にするようになった」と答えた人は、全体で73.7%。男女年代別に見ると、いずれの世代でも女性のほうが気を揉んでいることが分かった。

No image

今後も発明を続け、コロナ禍における救世主となるかも?

・合わせて読みたい→『バイキング』吉田敬、リカちゃん人形のプロフィール公開に「生々しい」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の男女2,168名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加