23日午前9時に台風15号発生 今夜にも近畿最接近 和歌山県3町に「高齢者等避難」

23日午前9時に台風15号発生 今夜にも近畿最接近 和歌山県3町に「高齢者等避難」

  • 読売テレビニュース
  • 更新日:2022/09/24

23日午前9時に四国の南の海上で発生した台風15号は今夜にも近畿地方に最も近づく見込みです。風速15メートル以上の強風域に入っている和歌山県串本町から中継です。(取材・報告=藤枝望音記者)

和歌山県串本町にある観光名所、橋杭岩(はしぐいいわ)からお伝えします。1時間前に比べて、いま(午後5時前)は風も穏やかで、雨も降っていませんが、海は大きく白波が立っています。

JRきのくに線は台風の接近に伴い、白浜と新宮の間で、昼ごろから終日運転を取りやめています。24日は始発から通常通りの運転を見込んでいるということです。

一方、串本町内など、この周辺を走るバスは今のところ通常運行しています。また、スーパーマーケットなどの店も通常通り営業しています。

串本町や隣の那智勝浦町、太地町は警戒レベル3の「高齢者等避難」の情報を町内全域に出していて、午後3時現在、3つの町で合わせて21人が避難所に身を寄せているということです。

読売テレビニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加