Windows 10、サードパーティ製ドライバの規制を強化

Windows 10、サードパーティ製ドライバの規制を強化

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/16
No image

Microsoftは10月13日(米国時間)、「Resolved issues in Windows 10, version 2004 and Windows Server, version 2004 - Windows Release Information|Microsoft Docs」において、Windows 10およびWindows Server で正しくフォーマットされていないサードパーティ製ドライバの規制を強化したことを伝えた。今後はサードパーティ製のドライバをインストールしようとすると「Windowsはこのドライバーソフトウェアの発行元を確認できません」といったエラーが表示される場合があるとしている。

Windows 10 21H1ではスタートアッププログラムの追加で通知が表示

影響を受けるプロダクトは次のとおり。

かなり広範囲のプロダクトが対象となっている。Microsoftはサードパーティ製ドライバにこうした問題が発生した場合、ドライバベンダーまたはデバイスの製造元に連絡して、問題を修正したドライバを提供を求めてほしいとしている。

後藤大地

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加