臼杵市で出産前の夫婦対象に講座 日曜に年6回、参加を募集

臼杵市で出産前の夫婦対象に講座 日曜に年6回、参加を募集

  • 大分合同新聞
  • 更新日:2022/05/14
No image

本年度、出産を控えた夫婦対象の「プレパパ・プレママデー」を開講。参加を呼びかけるよいこのへやスタッフ=臼杵市

【臼杵】臼杵市と地域子育て支援拠点よいこのへや(市内港町)は本年度、出産を控えた夫婦を対象にした講座「プレパパ・プレママデー」を始める。来年3月まで、2カ月置きに日曜日に計6回開講。「妊娠中の心と体の変化」と「赤ちゃんのお世話」の2コースを交互に開き、夫婦で赤ちゃんを迎える準備をしてもらう。

よいこのへやはこれまで、出産前の妊婦を対象にしたプレママデーを平日に企画。女性の社会進出に伴い平日参加が難しい人が増えたことに加え、男性にも積極的に育児や出産準備に関わってもらおうと、市と連携して日曜開催の講座を設けることにした。

講座では保健師やよいこのへやのスタッフが出産の心構えやおむつ交換、沐浴(もくよく)、赤ちゃんとの遊び方などを教える。その他、男性の妊婦体験や座談会、市内で利用できる子育てサービスの紹介など希望に沿ったプログラムを展開する予定。

よいこのへや子育て支援員の祖父江美幸さん(43)は「受講者同士で交流を深め、臼杵で子育てをする仲間として深いつながりもつくってほしい」と呼びかけている。

受講無料。会場はいずれも市内洲崎の子ども子育て総合支援センター「ちあぽーと」で、午前10時から正午まで。定員は各回8組程度。初回が15日にある。

申し込み、問い合わせはよいこのへや(TEL0972・83・4415)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加