ホンダ、スーパーカブ110ビジネスモデルをリコール、前輪ブレーキにオイル漏れのおそれ

ホンダ、スーパーカブ110ビジネスモデルをリコール、前輪ブレーキにオイル漏れのおそれ

  • レスポンス
  • 更新日:2023/05/29
No image

ホンダ・スーパーカブ110プロ

もっと画像を見る

ホンダは5月25日、『スーパーカブ110プロ』『スーパーカブ110MD』のブレーキに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。対象となるのは2022年9月12日~2023年2月27日に製造された1920台。

ホンダ GB350/GB350S、ニューカラー追加...7月6日発売

スーパーカブ110プロは配送業務向けの装備を充実させたビジネスモデル。スーパーカブ110MDはいわゆる「郵政カブ」。対象車両は、前輪ブレーキホースの車体への組付け作業が不適切なため、正しい位置に組付けられていない。そのため、ホースガイド端部と接触し、そのまま使用を続けると、前輪ブレーキホースが損傷し、最悪の場合、ブレーキ液が漏れ、前輪ブレーキが効かなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、前輪ブレーキホースを新品と交換し、正しい位置に組付ける。

不具合は4件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

メルセデスAMG、電動キックボード発表...「ラストワンマイル」のモビリティに

ドゥカティ 新型スクランブラー「アイコン」を日本初公開! よりスタイリッシュに車格もワンランクアップ

第2回「ドゥカティ ブランド ナイト」が京都で開催、2輪界のファンタジスタが古都を魅了した

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加