【ロッテ】拙攻で3連敗...6回まで得点圏7残塁 井口監督「どんどん相手のペースに」

【ロッテ】拙攻で3連敗...6回まで得点圏7残塁 井口監督「どんどん相手のペースに」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

西武対ロッテ 8回裏西武2死三塁、ゲレーロ(手前)が暴投して同点に追い付かれ、目をそらす井口監督(左)(撮影・浅見桂子)

<西武4-3ロッテ>◇5日◇ベルーナドーム

ロッテが拙攻で3連敗を喫した。

初回に佐藤都が先制3ランを放つも、以後6回まで11残塁で、うち7つが得点圏の走者。「どんどん相手のペースにいってしまったところだと思います」と井口監督も悔いた。7~10回は走者を1人も出せず、コロナ禍で苦境の救援陣を打線が助けられなかった。勝ち越したら守護神益田を投入するプランだったが、延長10回に佐々木千がサヨナラ弾を浴びた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加