貴景勝4連敗で綱とり白紙“緊急事態”に取材応じず

貴景勝4連敗で綱とり白紙“緊急事態”に取材応じず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/13
No image

宝富士(左)に腕をとられる貴景勝。上手投げで破れた(撮影・野上伸悟)

<大相撲初場所>◇4日目◇13日◇東京・両国国技館

大関貴景勝(24=常盤山)の綱とりが事実上、白紙となった。平幕の宝富士に上手投げで敗れて、初日から4連敗。北尾(双羽黒)が横綱に昇進した86年名古屋場所以降、11勝以下で昇進した例はなく、綱への道は完全に閉ざされた形だ。3大関では最年少の24歳。今後の綱とり挑戦に向けて、切り替えに努めるしかない。かど番の2大関、正代は連敗を免れ3勝目、朝乃山は星を五分に戻した。

◇   ◇   ◇

貴景勝の“緊急事態”に歯止めがかからない。横綱昇進が懸かる場所で、新入幕だった17年初場所以来4年ぶりとなる初日から4連敗。敗戦のショックからか、取組後は今場所初めてリモート取材に応じずに、無言で国技館を引き揚げた。今場所後の昇進の可能性は、消滅した格好だ。

何度当たっても、宝富士を押し込めない。いなしで崩され、左をたぐられる。肩越しから左上手を取られると、振りまわされ、土俵にたたきつけられた。持ち前の突き押しの威力が、影を潜めている。

綱とりへの道が途絶えつつも、気持ちは切れていないはずだった。原動力はファンへの思い。昨年大みそかはボクシングの世界戦、井岡一翔と田中恒成の対決をテレビで観戦し「レベルの高い戦いを見て、自分はボクシングのファンとして感情を震わせるものがあった」と、同じ格闘技の一線級のアスリートに刺激を受けていた。コロナ禍で世間の気持ちが落ち込むときだからこそ、土俵上でファンを勇気づけたいという気持ちが強い。「自分も相撲で人の感情を動かせるような相撲を取りたい」と力強く話していた。

恩師の埼玉栄高相撲部、山田道紀監督から口酸っぱく言われてきた。「一寸先は闇」。華々しく活躍するはずだった新大関場所の19年夏場所では右膝を負傷。いいことも悪いこともあることは何度も経験してきた。苦しい状況だが、腐らずに前を向くしかない。【佐藤礼征】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加