ゲームセンターが電気代高騰で悲鳴「ついに死の宣告が来た」「電気代5割以上値上がり」「年間150万~200万負担増」

ゲームセンターが電気代高騰で悲鳴「ついに死の宣告が来た」「電気代5割以上値上がり」「年間150万~200万負担増」

  • ガジェット通信
  • 更新日:2023/01/25
No image

家庭もお店も企業も、高騰している電気代に悩む日々となっている。この季節、消費電力が増えがち。照明だけでなく、極寒の冬ということもあり、暖房にもかなりの電力を消費していると思われる。そこに電気代の値上がり、まさに阿鼻叫喚。

ゲームファンに愛されるゲームセンター『ファンタジスタ』

そんななか、一軒のゲームセンターが悲鳴を上げている。全国のゲームファンに愛されているゲームセンター『ファンタジスタ』(岡山県倉敷市新倉敷駅前5-194)だ。『ファンタジスタ』は積極的&精力的に公式Twitterを運営しており、ゲーム情報を発信していることでも知られている。

ゲーセンの消費電力は多い?

そんな『ファンタジスタ』が、値上がりする電気代に悲鳴を上げているのだ。考えてみれば、ゲームセンターは常にゲーム機に電気を使用し、稼働させている。日々の消費電力は多いと思われる。以下は『ファンタジスタ』の公式Twitterコメントである。

<ファンタジスタ店長のTwitterコメント>

「ついに死の宣告が来ました。4月から電気代が5割以上値上がりです。目の前が真っ暗に・・・。試算では年間で150万~200万ほどの負担増の見込みです。1日でも長く続けられるように頑張るつもりですが、かなり厳しいと思います。最後まで応援してもらえますと嬉しいです」

ついに死の宣告が来ました。4月から電気代が5割以上値上がりです。目の前が真っ暗に・・・。試算では年間で150万~200万ほどの負担増の見込みです。1日でも長く続けられるように頑張るつもりですが、かなり厳しいと思います。最後まで応援してもらえますと嬉しいです。 pic.twitter.com/9DfQnsP8pr
— FeST|ファンタジスタ店長@Ci-en (@amfantasista)
January 23, 2023
from Twitter

年間150万~200万円ほどの負担増

ファンタジスタ店長によると、電気代が2023年4月から5割以上値上がりするため、年間150万~200万円ほどの負担が増えるという。かなり莫大な金額だ。

複数の支援方法がある

客がゲームセンターを救うには、ゲームセンターに出向くしかない。……と考えがちだが、ファンタジスタ店長によると「Ci-enの有料プランに入る」「アマプラでTwitchの無料サブスクライブ」「アフィリンクでの買い物」「ゲーマコネクトでジスたんグッズを購入」「ジスたんLINEスタンプの購入」「eスポーツサプリ「リジェネシアeSports」の購入」「youtubeの有料サービス」「動画を視聴する」など、複数の支援方法があるという。

『ファンタジスタ』に行ってゲームを楽しんでも支援になるし、それ以外でも支援可能。気になる人はチェックしてみてはいかがだろうか。

現状で可能な支援方法をこちらにまとめてありますのでよろしければご覧ください。アマプラ特典の無償サブスクは金銭的負担なしで支援が可能なのでおすすめです。ファンタジスタ支援方法一覧2023年版 | 岡山ファンタジスタ https://t.co/jTga0sQv6o #Ci_en #シエン
— FeST|ファンタジスタ店長@Ci-en (@amfantasista)
January 23, 2023
from Twitter

※冒頭画像はファンタジスタ店長のTwitterより

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

ガジェ通ウェブライター

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加