J1福岡GK山ノ井拓己 フィールドプレーヤーでの公式戦出場で分かったこと

J1福岡GK山ノ井拓己 フィールドプレーヤーでの公式戦出場で分かったこと

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2023/01/25
No image

J1アビスパ福岡の正GK争いが激しくなっている。宮崎市の生目の杜運動公園陸上競技場で行われているキャンプ2日目の25日、長谷部茂利監督(51)はレギュラーは白紙からの競争であることを強調。昨季、リーグ戦27試合に出場した村上昌謙(30)、今季から背番号1を背負う永石拓海(26)を中心に、4人によるサバイバルレースの導火線に火が付いた。

加入7年目の生え抜きGK山ノ井拓己は「プロだから毎年が勝負の年だけど(今年の)自分の立ち位置は分かっている」と崖っぷちの決意を口にした。昨季はGKとしてルヴァン・カップ2試合に出場。「生き残るためには試合に出て結果を出すしかない」と同カップ、天皇杯でアピールし、J1のピッチを狙う。

チームがコロナ禍に見舞われた昨年8月には、ルヴァン・カップ準々決勝のアウェー神戸戦でフィールドプレーヤーとして途中投入され、注目を集めた。「選手として(話題になって)名前を出してもらえるのはうれしかった。フィールドの選手のつらさが分かった」とプラスにとらえる。日本代表DF冨安(アーセナル)と同い年で福岡の寮で寝食をともにした。GKとしてはまだ若い24歳の勝負はここからだ。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加