五輪開催は「厳しいと思う」...医師で感染制御学の専門家「TVタックル」で

五輪開催は「厳しいと思う」...医師で感染制御学の専門家「TVタックル」で

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

テレビ朝日

医師で、順天堂大学大学院の感染制御科学教授・堀賢(ほりさとし)氏が2日、テレビ朝日系で放送された「ビートたけしのTVタックル」に出演。東京オリンピック・パラリンピックの開催について、「厳しい」との見解を述べた。

番組では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う3度目の緊急事態宣言、変異株の脅威などについて取り上げた。

進行役の阿川佐和子から「オリンピックは開催できる?医者のお立場として」と医師の立場からのコメントを求められた堀氏は「いやー、厳しいと思いますけどね」と見解。「例えば今回、第4波が収まったとしても、オリンピックまでに第5波が来ちゃうかもしれないですね」と理由を語った。

ビートたけしは「だって選手団が来ちゃうんだよ、当日に来るんじゃなくて、かなりの人数来るんだろ?」とコメントをはさんでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加