「恋ぷに」海音(石原さとみ)&倫太郎(綾野剛)の恋の結末は?視聴者も涙

「恋ぷに」海音(石原さとみ)&倫太郎(綾野剛)の恋の結末は?視聴者も涙

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/06/09

【モデルプレス=2021/06/09】女優の石原さとみと俳優の綾野剛がW主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ「恋はDeepに」(毎週水曜よる10時~)の最終話が9日、放送された。2人の恋の結末に反響が寄せられている。<※記事内ネタバレあり>

No image

(写真 : 綾野剛、石原さとみ 「恋はDeepに」最終話より(C)日本テレビ)

【写真】石原さとみ“20代での挫折と苦悩”

同作は、「おっさんずラブ」「私の家政夫ナギサさん」などを手掛けた徳尾浩司氏が脚本を手掛けた完全オリジナルストーリーで、石原演じる海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音と綾野演じるロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎が巨大マリンリゾートの開発をめぐり出会い、禁断の恋に落ちていくラブコメディー。

トラックに轢かれそうになった海音を倫太郎がかばったシーンで幕を閉じていた8話。

◆倫太郎&海音、恋の結末は?

海音をかばったものの、地面に頭を強打した倫太郎。元の世界へと帰らなければいけない期限の前日となった海音が「私明日帰ります」と告白すると、倫太郎は急にその場に倒れてしまう。その後病院に搬送され、海音が見守るなか生死を彷徨う倫太郎だったが、回復し目を覚ますとそこに海音の姿はない。

一方、人間界を去らなければならなくなった海音は倫太郎を残し1人星ヶ浜の海へ。焦った倫太郎は病院を抜け出し、海音のいる海へと車を走らせる。海音からの手紙には「倫太郎さんに出会えて本当に幸せでした」とメッセージが。

そして、星ヶ浜の海で無事に再会した2人は最後の時を過ごす。明るく別れを告げ、海辺を立ち去った倫太郎が振り返ると海音の姿は既に無かったのだった。

◆「恋ぷに」海音&倫太郎の展開に視聴者涙

そして3年後、星ヶ浜で海の家を営む倫太郎だったが、ある日「倫太郎さん」と声がし、海音と思われる人物が姿を現す。次週にはその続きを描くスペシャルストーリーが放送されると予告された。

海音と倫太郎の別れに、視聴者からは「涙止まらない」「ずっと一緒にいてほしい」「本当に深い愛」「素敵な話だった」「3年後のみんなが気になる」「来週の2人が楽しみ!」など多くの声が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加