ショーン・メンデス×ハビエル・バルデムがデュエット! 『シング・フォー・ミー、ライル』本編映像解禁

ショーン・メンデス×ハビエル・バルデムがデュエット! 『シング・フォー・ミー、ライル』本編映像解禁

  • クランクイン!
  • 更新日:2023/01/25
No image

映画『シング・フォー・ミー、ライル』場面写真 <画像をもっとみる>

オスカー俳優のハビエル・バルデムと歌手のショーン・メンデスが出演するミュージカル映画『シング・フォー・ミー、ライル』より、ショーマンのヘクター(ハビエル)とワニのライル(ショーン)が、屋根裏部屋でダンスをしながら歌声を響かせる本編映像が解禁された。

【動画】ハビエル・バルデムが見事な歌声とダンスを披露 『シング・フォー・ミー、ライル』本編映像

『グレイテスト・ショーマン』『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフが贈る本作は、ニューヨークを舞台に、“歌うワニ”のライルがその歌で人間と心通わせる様子を、オリジナル楽曲とポップソングから成るミュージカルナンバーと共に描き出す。言葉を話さず、歌でしか思いを伝えられない主人公ライルの声は、シンガーソングライターのショーン・メンデスが務める。ショーマンのヘクターにハビエル・バルデム、少年ジョシュの母親プリムにはコンスタンス・ウー。日本語吹替版では、ライルを大泉洋、ヘクターを石丸幹二、ミセス・プリムを水樹奈々が担当する。

ニューヨーク。ショーマンのヘクターは古びたペットショップで、魅惑の歌声を耳にする。そこで歌っていたのはなんと、一匹のワニだった。ヘクターはそのワニのライルを相棒にしようとするが、ライルのステージ恐怖症が判明し、ショーは大失敗。ヘクターは去り、取り残されたライルはたった一匹、アパートの屋根裏に隠れ住むのだった。ヘクターが残していった音楽プレーヤーを握りしめて…。

長い月日が経ったある日、ひとりの少年と家族がライルの潜む家に越してくる。その少年ジョシュもまた、ライルと同じく心に深い孤独を抱えていた。ジョシュを前に、再びゆっくりと歌い始めるライル。やがてふたりは、歌を通して心を通じ合わせていく。

このたび、ヘクターとライルが初めて一緒に歌う場面を収めた本編映像が解禁。雑多な荷物とピアノが置かれたアパートメントの屋根裏部屋で、<最初は小物でもみててよ><大物になってみせる><金がなくても“先がない”と言われても、最後にはトップに立つ>と歌いながら、小さなライルがヘクターの肩や頭に乗って体を揺らし、ヘクターはエネルギッシュなダンスを披露する。

さらに、ヘクターがピアノを弾きながら<一緒ならできるよ>と歌い、最後はライルが<今に見てて>と、つぶらな瞳を輝かせながら両手を広げる姿で締めくくられている。

一風変わったコンビが歌で心を通わせながら、未来への希望にあふれる様子が切り取られた同シーン。ワニのライル役のショーン・メンデスの美しいのびやかな歌声、これまで映画で踊る姿を見せたことのなかったオスカー俳優ハビエル・バルデムが、屋根裏部屋を所狭しと動き回り、見事な歌唱とダンスを披露する姿に要注目だ。

映画『シング・フォー・ミー、ライル』は、3月24日より全国公開。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加