【J1採点&寸評】清水0-2浦和|先制点&安定した守備の岩波がMOM。アンカー柴戸は黒子的な働きが光る

【J1採点&寸評】清水0-2浦和|先制点&安定した守備の岩波がMOM。アンカー柴戸は黒子的な働きが光る

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/04/08
No image

【警告】清水=エウシーニョ(70分) 浦和=なし 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】岩波拓也(浦和)

No image

【警告】清水=エウシーニョ(70分) 浦和=なし 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】岩波拓也(浦和)

[J1第8節]清水0-2浦和/4月7日/IAIスタジアム日本平

【チーム採点・寸評】
清水 5.5
組織的な守備は前節よりも改善されたが、攻撃では3人目、4人目の絡みが少なく、ビルドアップも崩しの部分も物足りない内容。ボックス内でのシュートは1本だけで、得点の匂いが希薄だった。

【清水|採点・寸評】
GK
37 権田修一 5.5
2失点なので高評価はつけられないが、いつも通り声で周囲を動かしながら守備を安定させ、ビルドアップにも今まで以上に絡んだ。

DF
4 原 輝綺 5.5
右SBとして先発し、54分から右CBに。判断の良さや1対1の対応が光ったが、チーム全体の攻撃が冴えなかったなかで、自身も攻撃での見せ場は少なかった。

DF
5 ヴァウド 5.5(54分OUT)
安定したプレーを見せてピンチは少なかったが、ビルドアップの質は今ひとつ。連戦に備えたターンオーバーなのか早めに交代。
DF
50 鈴木義宜 5.5
落ち着いた守備への対応や前線への好パスは冴えたが、1失点目ではニアにつられて岩波にスペースを与えてしまった。

DF
21 奥井 諒 5.5(82分OUT)
守備では粘り強い対応を続け、攻撃ではパスコースが少ないなかでひとつ先に飛ばしたパスを狙ったが精度が今ひとつ。クロスの質も冴えなかった。

MF
13 宮本航汰 5.5
守備では持ち味のハードワークで貢献し、走行距離は両チームで最長。ただ、攻撃ではボールを前に運ぶ働きが十分できなかった。

MF
6 竹内 涼 5.5(62分OUT)
守備では全体のバランスを安定させて前節から修正。攻撃ではつなぎ役として物足りない内容で、CKの守備では岩波に寄せきれなかった。
MF
11 中山克広 5.5
エウシーニョが入ってからは持ち味が生きて、90分を通して最もチャンスに絡んだが、クロスやシュートは今ひとつ。

MF
20 中村慶太 5.5(62分OUT)
キープ力を生かして左サイドでタメを作ったが、味方との連係は今ひとつで崩しきるところまでは至らなかった。

FW
19 ディサロ燦シルヴァーノ 5.5(54分OUT)
開幕戦以来の先発で、今回は2トップとして精力的な動きを見せたが、プレーの精度が今ひとつでシュートまで持ち込めず。

FW
9 チアゴ・サンタナ 5.5
前線で身体を張って奮闘し、利き足ではない右足の良いシュートも見せたが、浦和の守備を突き破ることはできなかった。
途中出場
DF
18 エウシーニョ 6(54分IN)
狭い中でボールを受けてもしっかりとキープして味方につなぎ、右サイドから押し込む場面を一気に増やした。ただ、自陣でボールを失ったところから失点のきっかけに。

FW
14 後藤優介 5.5(54分IN)
良い位置でボールを受けるという部分で持ち味を発揮したが、二度あったチャンスは生かしきれず。

MF
17 河井陽介 6(62分IN)
エウシーニョ、中山と絡みながら右サイドの攻撃を活性化。いつも通りミスの少ない仕事を見せた。

MF
23 鈴木唯人 5.5(62分IN)
ボールを失わずに前に運ぶという良さは見せたが、ゴールに絡むという意味では期待された仕事ができなかった。

MF
16 西澤健太 -(82分IN)
反撃のためのスクランブルで左SBとしてプレー。重要な役割だったセットプレーのキックでもチャンスを作れなかった。

監督
ロティーナ 5.5
守備面は前節から改善させたが、攻撃でパスを良い形で連続させられないという課題は改善できていない。ホームで2試合連続ノーゴールは残念なところ。

【PHOTO】清水エスパルスを盛り上げる”オレンジウェーブ”を特集!
[J1第8節]清水0-2浦和/4月7日/IAIスタジアム日本平

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5
4-1-4-1の中盤がよく機能して前半からボールを支配し、守備でも隙を与えずにCKから先制。公式記録ではシュート2本だったが、効率良くゴールを決め、後半の押されたなかでも危なげなく守り切った。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
ピンチは少なかったが危ないところでは安定したセーブを見せ、攻撃時は高い位置を取ってビルドアップにも貢献。

DF
8 西 大伍 6(84分OUT)
攻撃での決定的な仕事はなかったが、冷静な状況判断で巧みにボールを捌き、ビルドアップに落ち着きを与えた。

MAN OF THE MATCH
DF
4 岩波拓也 6.5
CKから上手くフリーになって今季初ゴールとなる先制点を叩き込んだ。守備でも安定した対応を続け、前方へのパスも光った。
DF
5 槙野智章 6
サンタナと見ごたえのあるバトルを展開し、相手のカウンターやセットプレーでも良い対応を見せて完封に貢献。

DF
6 山中亮輔 6.5
対面の中山に粘り強く対応しながら攻撃では高い位置を取り、速くて正確なキックで先制点をアシストした。

MF
29 柴戸 海 6.5
4-1-4-1のアンカーとし2試合目。攻守とも的確な立ち位置で味方を助け、球際での強さも見せて、黒子的な働きで勝利に大きく貢献。
MF
41 関根貴大 6(76分OUT)
ドリブルで縦に突破した場面は少なかったが、状況に応じてポジショニングを変えながらボールに絡み、守備でも役割を果たした。

MF
37 武田英寿 6(76分OUT)
相手の間に動いてボールを受け、シンプルに捌いて攻撃のリズムを生み出し、守備でも忠実な動きを見せた。

MF
18 小泉佳穂 6.5(84分OUT)
武田より下がり目でプレーし、狭いなかで受けても落ち着いて安定したボール捌きを見せた。守備でも柴戸を助け、貢献度は高かった。

MF
15 明本考浩 6
左サイドだけでなく、中央や右にも流れながら攻守にハードワーク。今節はスピードよりも身体の強さが目立って、最後までタフなプレーを続けた。

FW
9 武藤雄樹 6(68分OUT)
前からの守備で忠実に役割を果たしながら、幅広く動いてボールを引き出した。ビッグプレーはなかったが、役割はきっちりと果たした。
途中出場
FW
30 興梠慎三 5.5(68分IN)
清水が前掛かりになるなかで、持ち前の裏を狙う巧みな動き出しを見せたが、決定機には至らなかった。

FW
14 杉本健勇 6.5(76分IN)
投入後に4-4-2に変わり、終盤まで目立つプレーはなかったが、ダメ押しとなった2点目のボレーシュートはまさにゴラッソ。

DF
3 宇賀神友弥 6(76分IN)
右SBに入って守備を安定させながら、良いインターセプトも見せて攻撃につなげた。

MF
17 伊藤敦樹 -(84分IN)
ボランチとして守備中心でプレーしていたところから、90分のチャンスでは一気に前線まで飛び出して杉本のゴールをアシスト。

MF
24 汰木康也 -(84分IN)
左サイドハーフに入ったが、時間が少なく評価要素は少なかった。

監督
リカルド・ロドリゲス 6.5
4-1-4-1を継続して前節と同様の良い流れを作り、アウェーでボールを支配。攻撃では物足りない面も残るが、安定した戦いに導いて今季初の連勝につなげた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●前島芳雄(スポーツライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加