改革中道に「一定評価」 国民民主、衆院選総括

改革中道に「一定評価」 国民民主、衆院選総括

  • 時事通信社
  • 更新日:2021/11/25
No image

国民民主党の玉木雄一郎代表=10月31日、東京都千代田区

国民民主党は25日、先の衆院選に関する党の総括を発表した。「対決より解決、改革中道の一貫した姿勢が一定程度評価された」として、今後もこの路線を堅持していくことを明記した。

玉木雄一郎代表は記者会見で、衆院選について「(候補者の)擁立数が少なく、もう少し議席を獲得できる力はあった」と指摘。来年夏の参院選に向け、「早く、できるだけ多くの候補者擁立を進めたい」と強調した。

総括では、立憲民主党、共産党、れいわ新選組、社民党の野党4党の選挙協力の枠組みに加わらなかったことに関し、「独自路線を進んだことは、有権者に信念や野党のあるべき姿を見せることができた」と分析した。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加