『ボス恋』上白石萌音&菜々緒&玉森裕太「期待を裏切らない」初回のバランス

『ボス恋』上白石萌音&菜々緒&玉森裕太「期待を裏切らない」初回のバランス

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2021/01/14

おさまり良く。バランス良く。

上白石萌音が火曜ドラマ枠に帰還、昨年話題となったドラマ『恋つづ』スタッフ再集結で注目を集める『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、以下「ボス恋」)がついにスタートした。12日に放送された初回は、なかなかの情報量が詰め込まれたにも関わらず、テンポよく進み、視聴者からは「面白かった!!」「毎週楽しみなドラマができた」「期待を裏切らない」「キャラ完璧」と上々の反応。Twitterトレンドも席捲し、好スタートを切ったと言えよう。

【画像】次回第2話カット

連続ドラマの初回と言うと、設定や登場人物などを説明しながら、これから進んでいくストーリーの種をまいていく必要がある。このドラマは原作のないオリジナルストーリー。まだ誰も知らない物語に、視聴者を引き込んでいかなくてはならない。それをポップにわかりやすく、バランスを取りながら、そして予感を消化しながら展開していった初回だったのではないだろうか。(以下、一部ネタバレあり)

「普通、人並み、安定がいちばん」豚の貯金箱に100円玉をチャリン。上白石萌音が演じるのは、安定志向の鈴木奈未。

そんな100円玉が転がった先には、真っ赤なジャケットにサングラス姿、ハイヒールでカツカツと音を立てて歩く菜々緒様、いや奈未の鬼上司となる宝来麗子。

もともと専門が違う中沢(間宮祥太朗)のファッション辞典は付箋だらけ、編集アシスタントの遥(久保田紗友)は「何が何でも食らいついていく」と必死だ。

そんな中、「休みは?予定立たないじゃないですか!」「私には無理だなぁ。そこまで頑張れない」「もうやめます」…夢もやりたいことも特にない平凡女子・奈未は、一歩間違えばヒロインとして嫌われかねない要素を持ち合わせているのだが、そこを女優・上白石萌音の自然な演技と愛らしさがうまくバランスを取っているように見える。

可愛いと好評のオープニング映像のように、成長してどんどん垢抜けていくところを見てみたい。

そんな奈未と徹底して対照的に描かれる麗子。

圧倒的な美しさでボス感を放つ菜々緒に対して、視聴者からは「見たかった菜々緒様」「やはりこういう役ハマる」と反響が。「あなたが喋っていいのは、私に質問されたときだけ」「understand?」と奈未に迫る圧を前にして、そりゃあ「Yes」としか言えない説得力。毒舌・冷徹な麗子からは、「雑用すらまともにできないあなたが、普通や人並みなんておこがましいんじゃない?」「なんの信念もない、衝動もない。人並みの根気すらないのねぇ」と突き刺さる言葉が放たれる。結果のためなら自分の土下座もいとわないデキる女は、ただ主人公をいたぶる嫌なヤツというわけではない。

麗子の言葉が突き刺さり、幼馴染の健ちゃん(犬飼貴丈)にも失恋。仕事も恋もダブルパンチをくらった奈未を、爽やかに救い出すのが潤之介(玉森裕太)。奈未が健ちゃんのために用意し渡せなかったバースデーケーキを「俺あまいの好きだから」とペロリ。ゴミ箱にケーキの箱をポイっ。「次はしょっぱいもんでも食べに行かない?」と奈未をバイクの後ろに乗せ、着いた場所は海(確かにしょっぱいが…)。「海ぃ~~~フォーーーー!」と走り出すも首が…!「これはまじ笑ったwwwwwwwww」「首大丈夫??笑」と視聴者大爆笑の走り方はぜひ映像で。初っ端から、(助けようとして)奈未に抱きつき、ブレスレットをつけてあげて頭ポンポン、バイクでは奈未の手を自分の腰にセッティング。キュンキュンを供給していく潤之介だが、子犬系というだけあって、キメキメではなくふわっとした可愛らしさが玉森にマッチ。しかし「最悪なときの海って最高だよね」そう奈未に話しかけた潤之介は、“最悪なとき”を経験したことがあるのだろう。「嬉しいに決まってんじゃん」と、次に決まったカメラマンの仕事の資料をゴミ箱にポン。陰の部分がのぞいた。

「今から青山行って」「洋服の?」「なんで?スーツ見てどうすんの」クセの強い副編集長・半田さん(なだぎ武)と奈未の楽しい掛け合いも、ドラマをポップに進めていく。初回では半田さんが編集部の設定をかなり説明してくれたとも言える。

第1話の終盤、幸せを運ぶように舞い落ちてきたキスマイによる主題歌『Luv Bias』のイントロ。小さい頃から“人並み”を夢見てきた奈未が、自分が思い描いていた“人並み”とは真逆の場所で、“人並み”に働けるようになりたいと思うようになった。そんな主人公の第一歩をドラマティックに彩った。

上白石が放送前のインタビューで「恋と仕事の両輪で」と話していたように、どちらもバランスよく描かれた初回。麗子の足元やゴミ箱の描写など、印象的なカットを挟みながら、キャラクター像がくっきり。コミカルでポップに進みながら、突き刺さるメッセージも。「何かあるな→やっぱり」「これってもしかして…そうだった!」「こう来るといいな→来た!!」王道を進みながら、ラスト10秒にはまさかの設定を初回でバラしてしまう。期待を裏切らず、予想外の衝撃もドカン。様々なバランスが散りばめられた初回だったと言えるだろう。

潤之介に彼女のフリを頼まれた奈未。第2話ではどんな展開が待っているのか。

No image

火曜の夜がまた楽しみだ。

■『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』
毎週火曜よる10:00~10:57

(C)TBS

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加